個人情報保護方針

個人情報保護方針

当院では、関係法令を守り患者さまの個人情報を適切に保護しておりますが、診療にあたり当院が知り得た個人情報は、以下の目的の為に利用させて頂く事があります。これらの中で利用する事に同意できないものがある場合は、職員までお知らせ下さい。そのような申し出がなかった場合は同意を頂いたものとして取り扱わせて頂きます。なお、同意できないと思われた合は、いつでも変更できます。また、同意されないことで不利益となることはありません。

【個人情報の利用目的】

  • 1.  患者さまに医療サービスを提供するため
  • 2.  患者さまに提供した医療サービスに関する医療保険事務を行うため
  • 3.  他の医療機関等との連携の為
  • 4   患者さまの診療等にあたり、外部の医師の意見・助言を求めるため
  • 5.  患者さまのご家族への病状説明のため
  • 6.  医療保険事務の委託・検体検査業務等の委託のため
  • 7.  審査支払期間または保険者からの照会への回答のため
  • 8.  医療サービスや業務の維持・改善のため
  • 9.  当院内部で行われる研修医への教育・学生の実習への協力のため
  • 10. 症例研究のため
  • 11. 外部監査機関への情報提供を行う場合

【個人情報の取り扱いの具体例】

  • 1. 医療事故防止のため、病室、ベッド、スタッフステーション内への氏名の掲示は従来通り行います。
  • 2. 患者さまの確認・院内放送等でのご本人ならびにご家族の呼び出しの際は、フルネームを使用します。
  • 3. 第三者からの電話等での問い合わせについては、原則としてお答えできません。
    *ご家族であっても事前に登録されていない方は第三者となります。
    *ご家族への電話での対応を希望される場合は、事前にお申し出下さい。
  • 4. 病状については、ご家族様であっても原則として電話での返答は致しません。
  • 5. 面会をご希望される方には、原則としてナースステーションに声をかけて頂きます。
  • 6. 職員がご本人またはご家族に面会の許可を確認しお部屋をご案内致します。
  • 7. ただし、当院の施設構造上、病室の氏名をみて、直接訪室されることも考えられます。

【匿名加工情報の作成及び第三者提供について】

  • 作成及び第三者提供する匿名加工情報について
    当院は、DPC制度の導入の影響評価及び今後のDPC制度の見直しを図る目的で、厚生労働省が収集し管理する情報となるDPCデータ(「厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法」第5項第三号の規定に基づき厚生労働省が収集し管理する情報)を作成しています。また審査支払機関への請求のため、診療に関する費用を診療報酬明細書(レセプト)として作成しています。DPCデータは、診療録(カルテ)からの情報およびレセプトからの情報で構成されており、レセプトデータは、医療機関情報・保険者情報・診療情報・医薬品情報・特定器材情報等から構成されています。
    DPCデータ並びにレセプトデータを利活用することにより、患者様に提供する医療の質の向上と効率的な運営が期待されます。そのため、当院ではこれらのデータを匿名加工して匿名加工情報を作成し、それらを継続的に第三者に提供しています。
    作成及び提供する匿名加工情報に含まれる個人に関する情報は、性別・生年月・医療保険の資格情報(加入時期・脱退時期・本人家族区分等)、レセプトの情報です。なお、この匿名加工情報には個人を特定できる情報は含みません。また、生年月日・郵便番号・医療保険の資格に関する情報は以下のように変換されます。
    1 ) 生年月日:生年月および入院時年齢に変換
    2 ) 郵便番号:上3桁のみに変換
    3 ) 各種保険証に関する情報:保険者番号(健康保険事業の各運営主体を指す番号)のみに変換

    匿名加工情報の提供方法
    データを暗号化した後、提供先が運用管理するサーバへのアップロードまたは、外部記録媒体を郵送する方法で提供します。

    匿名加工情報の安全管理
    作成した匿名加工情報は、第三者提供後速やかに削除し、当院で匿名加工情報を管理あるいは利用しません。

    匿名加工情報に関する問合せ窓口
    当院における匿名加工情報の作成及び第三者提供等についてのお問合せは、下記窓口までご連絡下さい。
    TEL:052-485-3777
このページのトップへ