外来・訪問診療のご案内

訪問診療

訪問診療とは、住み慣れた地域での在宅医療を指します。患 者様の状態や病歴に基づいて、診療計画を立て、医師が患 者様のもとへ定期的に訪問し、医学的管理を行います。訪問 診療の頻度は患者様の状態により異なりますが、1~2週間 に一度となります。なお、急変時には緊急往診や入院手配な どにも臨機応変に対応しています。当院は、訪問診療を必要 とする皆さまの「かかりつけ医」として診療にあたっていま す。

偕行会城西病院の在宅医療の特徴

① 24時間365日の支援体制

定期訪問中の患者様が急に具合が悪くなった場合は、夜間・休日であっても「在宅療養支援病院」として、24時間 365日いつでも緊急往診を行います。

② 在宅医療チームの連携

医師・看護師・理学療法士・ケアマネジャーといった複数のスタッフが連携し治療計画を構築。患者様が安心して 在宅医療を受けられるようサポートします。

③ 入院対応

訪問させていただいている患者様で入院が必要と判断した場合には、偕行会城西病院で受け入れを行っていま す。また、病院が行う在宅医療の強みを活かし「人工呼吸器」や「経管栄養」といった重傷症例に関しても対応する ことが可能です。

④ 電子カルテによる情報共有

偕行会グループ内の名古屋共立病院や偕行会リハビリテーション病院と電子カルテシステムを連携。グループ 内の患者様であれば、過去の既往歴等を即座に確認し診療に活かすことが可能です。また、電子カルテの活用に より、多職種での情報共有が進み、より安心・安全な医療を提供することが可能です。

⑤ 腹膜透析患者様への対応

通院が困難な患者様に対して訪問診療による腹膜透析の管理を実施しています。状態悪化時には緊急往診で対 応することも可能です。

対象となる患者様について

  • 在宅での療養を希望される方
  • 入院や通院が困難な方
  • ターミナルケアが必要な方
  • 認知症や寝たきりの方
  • 在宅で生活する上で医療的なサポートが必要な方

対象となる疾患と医療管理について

高血圧症や認知症、糖尿病、がんなど多岐にわたる疾患を抱え、在宅で療養する患者様を支えています。また、在宅酸素や在宅人工呼吸、胃ろう、経管栄養、気管切開、褥瘡(床ずれ)、緩和ケアなどの医療管理も行っています。なかでも、誤嚥性肺炎に関するトラブルには力を入れており、食べさせ方や経管栄養のスピードの工夫により、誤嚥性肺炎による入院はほぼ無い状態となっているほか、介護担当者と密に連携し初期症状を見逃さないよう心掛けています。

訪問診療患者の主病名一覧(2019年度)

訪問診療件数

往診・緊急往診件数

訪問エリア

名古屋市中村区・中川区・港区・昭和区、海部郡蟹江町などに訪問させていただいています。
その他のエリアで訪問診療をご希望の方は、まずはご相談 ください。

外来担当医師略歴

医者の顔写真

勢納 八郎

1989年5月
天理よろづ相談所病院
1995年4月
医療法人偕行会 名古屋共立病院
1997年11月
医療法人偕行会 安城共立クリニック 院長
2005年2月
医療法人偕行会 偕行会セントラルクリニック 院長
2005年5月
医療法人偕行会 安城共立クリニック 院長
2011年4月
医療法人偕行会 偕行会城西病院 院長
2017年4月
医療法人偕行会 偕行会城西病院 副院長

偕行会城西病院
診療予約センター

TEL
052-485-3737

月曜日から金曜日 8:30~17:00(祝日、年末年始12月30日~1月3日を除く)

このページのトップへ