透析のご案内

長時間透析

2022年5月9日より、名古屋大学腎臓内科と連携して長時間透析を行っております。
長時間透析とは、通常なら1回4時間(週3回)の血液透析を、1回8時間(週3回)かけて行う治療です。一般的な透析の約2倍の治療時間をかけて血液を浄化することで、カリウムやリンがしっかりと除去されます。また時間が長い分、除水(体内にたまった水分を取り除くこと)もゆっくりと進めることができるため、透析中の血圧が安定しやすく、血圧低下による気分不快や透析後の疲れが軽減されます。

長時間透析

診療時間

月・水・金 8:30~16:30

今後、診察枠の拡大も検討してまいります

長時間透析患者さまの食事について 

通常の透析では、一般的に食事や飲水制限が必要とされます。しかし理想的な食生活は非常に大変で、苦労されている患者さまも多いのが現状です。当院の長時間透析では食事制限を緩和(他の疾患で治療中の場合等は担当医師による判断)し、ご家族と同じものを食べて元気な体を作ることをお勧めしています。透析治療による日常生活の制限やご苦労を少しでも和らげ、生きがいを持って生活していただくためのサポートをさせていただきます。

今後の展望

長時間透析を行っている医療施設は国内にいくつかありますが、食事制限の完全撤廃を掲げている施設は非常に少ない状況です。今後もさらなる研究が求められる治療法ですが、日常のストレスを少なくし、生きがいを持って生活できる可能性のある治療として期待されています。


長時間透析-今後の展望

ご興味をお持ちの患者さまやご家族さま、医療関係者さまは当院へお気軽にお問い合わせください。
治療をご希望される方には、当院担当医師との面談や本治療の体験談をご紹介する機会等を提供いたします。

お問い合わせはこちらから

偕行会城西病院

TEL
052-485-3777
このページのトップへ