沿革 History

これまでの歩み

1979年2月、1年数か月の準備期間を経て名古屋共立病院が誕生しました。 診療科は、人工透析の他に内科や小児科も開設し、病床数は20床、透析ベッド21床を備え、当時の職員数は約40名でした。 その3年後の1982年2月、名古屋共立病院は法人許可を受け「医療法人偕行会」となりました。
「偕行会」という法人名には「職員がみな、互いに切磋琢磨しあいながら理想に向かって進んでいく」という意味が込められています。
開院当初の名古屋共立病院(1979 年2 月)
1979年
2月名古屋共立病院開設
1981年
8月海部共立クリニック開設
1982年
1月駒ヶ根共立クリニック開設
2月医療法人偕行会設立
1987年
2月静岡共立クリニック開設
1994年
6月医療法人中津川共立クリニック設立
7月中津川共立クリニック開設
1997年
4月老人保健施設ケア・サポ-ト新茶屋開設
12月安城共立クリニック開設
1998年
3月医療法人社団偕行会静岡設立
4月医療法人偕行会長野設立
1999年
8月偕行会セントラルクリニック開設
2000年
4月訪問看護ステーションのりたけ開設
ケア・コーディネイトきょうりつ開設
2001年
3月医療法人名古屋放射線診断財団設立 名古屋放射線診断クリニック開設
2002年
2月訪問看護ステーションきょうりつ開設
6月碧海共立クリニック開設
城北共立クリニック開設
9月偕行会リハビリテ-ション病院開設
2003年
5月老人保健施設かいこう開設
10月駒込共立クリニック開設
2004年
2月医療法人財団偕翔会設立
3月豊田共立クリニック開設
11月半田共立クリニック開設
掛川共立クリニック開設
2006年
10月名港共立クリニック開設
2007年
11月医療法人社団仁済会豊島中央病院が偕行会グループ入り
2008年
1月東名古屋画像診断クリニック開設
4月法人名称変更 医療法人中津川共立クリニック → 医療法人偕行会岐阜
2009年
2月瀬戸共立クリニック開設
2010年
3月医療法人社団偕行会三重設立
4月法人名称変更 医療法人財団偕翔会 → 医療法人財団偕朋会
6月さいたまほのかクリニック開設
くわな共立クリニック開設
2011年
2月医療法人社団仁済会を存続医療法人とし、医療法人社団偕行会静岡と合併
4月偕行会城西病院開設(名古屋市立城西病院を名古屋市より譲渡を受ける)
法人名称変更 医療法人社団仁済会 → 医療法人社団偕翔会
10月介護付有料老人ホ-ムのぞみ、小規模多機能型居宅介護のぞみ開設
2012年
1月グル-プホ-ムちくさ、小規模多機能型居宅介護ちくさ開設
8月ケアプランセンタ-さくら開設
2013年
9月PT.KAIKOUKAI INDONESIA設立
施設名称変更 訪問看護ステーションのりたけ → 訪問看護ステーションじょうさい
2014年
4月ケアプランセンター名港開設
7月KAIKOUKAI CLINIC SENAYAN開設
医療法人名古屋放射線診断財団を存続医療法人として医療法人財団偕朋会と合併
2016年
4月ケアプランセンターちくさ開設
10月グループホームじょうさい、小規模多機能型居宅介護じょうさい開設
11月小規模多機能型居宅介護かわせみ開設
2017年
4月ケアプランセンターかいこう開設
ケア・コーディネイトなかがわ開設
2018年
7月医療法人社団室生会佐鳴台あさひクリニック、高丘北あさひクリニックが偕行会グループ入り
2019年
4月医療法人偕行会を存続医療法人として医療法人社団偕行会三重と合併
2020年
6月浄水共立クリニック開設