menu

イベント情報

偕行会リハビリテーション病院FACILITY 02

 >  偕行会リハビリテーション病院

MESSAGE看護部メッセージ

看護部メッセージ

看護部理念(心がけている看護) :

患者さま一人ひとりに
向き合い、丁寧で温かな看護を提供します。

当院では、24時間患者さまに寄り添っている看護師だからこそできる「生活に密着したリハビリテーション」を行っています。患者さまとじっくり向き合い、励まし、そして共に回復を喜び合う看護に魅力を感じていただけると思います。また、私たちは看護師が生き生きとやりがいを持って働けるよう、個別性のあるキャリア開発プログラムを提供するなど、一人ひとりの「個」を大切にしています。
回復期だからこそできる「患者さま一人ひとりに向き合う看護」、中小規模病院だからこそできる「スタッフ一人ひとりに向き合う環境」が強みです。

ミッション(使命) :

住み慣れた地域へ帰そう! ~自分らしく生きるために~

ビジョン(目指すところ) :

  • 地域との「つながり」の輪を広げよう
  • 患者さまが“自分らしく生きる”ために、ナースリハビリで生きがいをみつけよう
  • スタッフが“自分らしく生きる”ために、ワークバランスを整えよう

NURSING看護について

偕行会リハビリテーション病院での看護

  • 一人ひとりの患者さまに向き合える看護が実現できる
  • 患者さまの回復する姿で、自分が行った看護の結果が見えやすい
  • 新卒者の最初のステップとして看護の本質を学べる

急性期に比べると検査や処置・機器管理が少ないため、患者さまのADLケアや精神面に深く関わることができます。機能的なリハビリはセラピストが行うため、看護師は一人ひとりの患者さまに寄り添って日常生活でのリハビリを行います。患者さまの状態を細かく把握し、安全に行えるか判断して他職種へ情報を発信するのも看護師の重要な役割です。

多くの患者さまの体調が回復し、退院される姿を目の当たりにできます。
自分が行った看護が患者さまの回復に繋がることは、何よりのやりがいです。

脳卒中をはじめとして整形外科疾患、呼吸器疾患、外科疾患などさまざまな患者さまが集まる病棟なので、幅広い疾患を学び看護を展開する力を身につけることができます。
また、厚生労働省による新人看護職員研修ガイドラインに沿って「看護技術チェックリスト」を1年目に習得できるように教育プログラムを組んでいます。

PROFILE病院について

病院について

住所 〒490-1405
愛知県弥富市神戸五丁目20番地
病床数 療養病床120床(回復期リハビリテーション病棟)
看護配置 回復期リハビリテーション病棟入院料1(13対1)
診療科目 リハビリテーション科、内科
職員数 247人(うち看護職員数77人)
*2018年4月1日現在
勤務体制 二交替制

偕行会リハビリテーション病院の特徴

スムーズな社会復帰を支える回復期

患者さまと共に「一人ひとり価値ある人生を創る」ことを使命として開設した、回復期リハビリテーション専門の病院です。
訓練室で一定の時間行う機能訓練だけではなく、病棟・居室などのすべての生活で寝たきりを予防し、機能回復を図り、生活全般を活性化することすることがリハビリテーションだと考えています。

部署紹介

  • 回復期リハビリテーション病棟

    2階病棟・3階病棟

  • 透析室

    透析室

EDUCATION教育制度

スキルアップフロー

チーム医療を実現すべく研修を通して横のつながりを強化したり、組織の中で意見交換するスキルを身につけます。多職種の観点で物事をみることで、日々の業務では得られない新たな知識に出会うこともできます。

スキルアップフロー

アプリコットナーシングシステム

新人看護師一人に対し、サポートチームを組んで教育を担当する体制。不安なく働いてもらうために、教育担当、エルダー、メンターとそれぞれの役割の看護師が責任を持ち、成長をサポートします。

   

システムの図式はこちら

新人サポート体制

1回/週(金曜日)17時から30分程度、日頃の悩みや嬉しかったことなど新人同士が情報共有できる会を主任が中心となって実施しています。

その他

  1. 入職時オリエンテーションに多職種体験日を設け、それぞれの職種の働きを体験してもらっています。
  2. 院内研修が充実しています。(クリニカルラダー研修、全職種対象研修、リハビリ看護研修、外部講師研修)
  3. 新卒看護師、既卒看護師に分けた教育プログラムがあります。

REAL先輩看護師

先輩看護師の声

  • A.Sさん

    2016年新卒採用/E.Kさん

    CLICK VIEW MORE

    C.Nさん

    患者さまのちょっとした変化がとても嬉しいです。

    私は、患者さまがご自身の力を十分に発揮でき、意欲的にリハビリに取り組めるような関わりを大切にしています。以前、意識レベルの低下がみられた患者さまにナースリハビリを行ったところ、時折目が合うようになりました。それ以降、患者さまの「ちょっとした変化」に気が付けるようになり、働いている中で嬉しく感じることが増えていきました。患者さま一人ひとりの「やる気」が出るきっかけは違いますので、接し方や声掛けを変えて、コミュニケーションをとることを常に意識しています。まだ私は一年目ですが主任さんをはじめ、どの先輩方に聞いても優しく教えてくれます。自分自身も後輩には丁寧に対応しようという気持ちになり、人としても学ぶことがたくさんあると日々感じています。

  • Y.Nさん

    2013年中途採用/C.Nさん

    CLICK VIEW MORE

    E.Kさん

    信頼関係を築くには、コミュニケーションが一番です。

    私は、以前急性期病院で働いていましたが、当時から回復期病院にも興味があり転職しました。入職して良かったと思うことは、患者さまとそのご家族の想いまで大切にしているということです。ご家族の方が来院された際に、担当するスタッフが患者さまの状況を伝えたり、月一回の面談だけでなく日頃から患者さまやご家族の意向・要望を伺ったりしています。各担当スタッフが短期間でご家族へのアドバイスを行い、自宅でも生活ができるようなリハビリを推進したこともあります。
    患者さまの「家に帰りたい」という想いをチームで共有し、ご家族と一緒にスタッフ全員でサポートし、同じ目的に向かって協力し合う高いチーム力が魅力だと思います。

  • A.Sさん

    2016年中途採用 / S.Mさん

    CLICK VIEW MORE

    S.Mさん

    男性看護師も働きやすい職場環境です。

    偕行会リハビリテーション病院の看護師は、主に患者さまの日常生活全般のリハビリを行っています。機能的なリハビリはセラピストが行うので、看護師はセラピストと情報を共有しながらスタッフ全員で患者さまの回復を支援します。
    患者さまは急性期病院から退院されて間もない方が多く、入院期間が数ヶ月と長いことが特徴です。一人の患者さまと深く関わることができるため、信頼関係を築きやすいのが魅力の一つです。受け持ちの患者さまが退院時に涙されたときは、リハビリ看護のやりがいを改めて感じました。患者さまの回復していく姿をそばで見ていると、自分のことのように嬉しくなります。
    職場はアットホームな雰囲気で、わからないことがあれば周りの人たちが優しく丁寧に教えてくれます。セラピストは男性が多いので心強く、プライベートで食事に行くこともあります。男性の看護師も働きやすい職場環境なので、一緒に働ける方をお待ちしています。

看護師の一日

9:00

業務開始、夜勤者からの申し送り

9:15

ミーティング(全職種)

9:30

環境整備・シーツ交換

10:00

検温・処置・検査
看護師によるリハビリテーション
(背面開放座位、座位バランスの保持、
歩行訓練など)

12:00

食事介助(摂食嚥下療法、口腔マッサージ、
顔面マッサージなど)

12:30

内服介助・口腔ケア

13:00

交代で休憩

14:00

リハビリテーションカンファレンス(多職種)
看護師によるリハビリテーション
(排泄動作、入浴動作など)
生活指導

16:30

夜勤者への申し送り

17:30

業務終了

DATA数字で見る偕行会リハビリテーション病院

  • 数字で見る偕行会リハビリテーション病院
  • 数字で見る偕行会リハビリテーション病院

2018年4月1日現在

RECRUIT採用情報

求める人物像

  • 私たちのミッション・ビジョンを理解してくれる人
  • 私たちの心がけている看護に共感できる人
  • 患者さまにより良い看護を提供するために共に学び、ゆっくりでも成長できる人

Q&A

Q.病棟に看護師とセラピストは何名くらいいますか?

A.看護師が26~28名、セラピストが32~35名、看護助手が20名ほどとなっています。チーム医療を行っているため、医師や薬剤師、医療ソーシャルワーカー、管理栄養士も配置されています。

Q.患者さまやご家族と深く関わる看護を希望しているのですが、可能ですか?

A.24時間患者さまに寄り添うのがチーム医療における看護師の役割です。また、患者さまが家族から適切な支援が受けられるように、家族に対しても援助するための介護指導や精神的なサポートも看護師の大切な役割であると思っています。

Q.新卒で回復期の病院で働いたとしても、看護について学ぶことはできますか?

A.患者さまの平均入院期間は約70日間なので、じっくりと看護過程を展開していただけると思います。また基礎教育で学んだことを土台に、医療チームの中で複数の患者さまを受け持ち、多重課題を抱えながら、看護を安全に提供するための臨床実践能力を強化することに主眼を置いています。

Q.出産後、復帰される方はどれくらいいますか?

A.出産後の復帰率は、ほぼ100%です。お母さん看護師が働きやすい職場環境です。

募集概要はこちら