診療科・部門

消化器内科

概要

食道や胃・大腸などの消化管疾患、肝臓・胆のう・膵臓などの肝胆膵疾患といった、消化器疾患全般にわたる診療をおこなっています。
頻度の高い腹痛や下痢などの診療から、健康診断で指摘された異常に対する二次検査、さらには大腸ポリープの内視鏡切除や、癌の抗癌剤治療(化学療法)まで幅広い対応が可能です。
このなかでもポリープや早期癌に対する内視鏡治療や癌の化学療法に関しては、特に当科が注力している分野です。
内視鏡治療は、名古屋市立大学病院消化器内科、昭和大学横浜市北部病院消化器センターから医師派遣のご協力をいただいております。また癌の化学療法に関しては、充実した設備を誇る外来化学療法センターに専門医資格を持った医師が専任で常駐しており、最新の抗癌剤治療が安心して快適に実施できます。

特徴

内視鏡検査
鎮痛剤を使用した、苦痛の少ない内視鏡検査を行っております。
一般的に胃カメラや大腸カメラと呼ばれる内視鏡は、誰もが多少の拒絶感をもってしまう代表的な検査ですが、当院では希望に応じて鎮静剤(ミダゾラムの静脈注射)を使用することで、少しでも苦痛を少なくするように心がけています。
また大腸ポリープの日帰り内視鏡的切除も実施しています。
これら鎮静剤の使用や日帰り内視鏡的切除については、内服中の薬や既往疾患の内容によっては実施・対応できない場合もありますので、実施の可否については担当医とご相談下さい。
化学療法
癌の化学療法は10床以上の治療チェア・ベッドを有する外来化学療法センターで行っています。薬剤師も常駐しており、医師や看護師とともにチームを組んで診療に当たっています。治療に際しては、血液検査から問診・診察を経て抗癌剤の投与まで、センターの同一フロアで行えるように動線を工夫しています。

主な対象疾患

以下は比較的高い頻度で見られる疾患です。これら以外で難治性の疾患や高度な治療を必要とする場合には、近隣の総合病院・大学病院・がんセンターなどと連携して診療にあたります。ただし当院での治療継続が困難と予想される場合には、診療の継続を他院にお願いする、いわゆる転医をお勧めすることがありますのでご了承下さい。

疾患名 部位 病名
消化管疾患 食道 逆流性食道炎
胃・十二指腸 ポリープ、潰瘍
大腸 ポリープ、感染性腸炎、憩室炎、潰瘍性大腸炎、クローン病
肝胆膵疾患 肝臓 ウイルス性慢性肝炎(B 型・C 型肝炎など)や肝硬変
膵臓 急性膵炎
胆道 胆嚢ポリープ、胆嚢内結石(胆石)、総胆管結石、急性胆管炎
消化器癌 食道、胃、大腸、肝臓、胆道、膵臓などの各臓器 食道、胃、大腸、肝臓、胆道、膵臓などの各臓器に発生した癌

治療実績

検査 2020年
GIF:胃カメラ 2061
CF:大腸カメラ 1517
US:画像超音波 3197
ERCP:内視鏡的逆行性膵胆管造影 82

※1月~12月の合計数