診療科・部門

循環器内科

概要

当科では虚血性心疾患をはじめ、全身の血管のあらゆる疾患の診療を行っています。できる限り身体への負担が少ない検査や治療を選択するよう心掛けており、治療後の再発予防として心臓リハビリテーションも積極的に行っております。直接いのちを脅かす心臓の病気は、早期発見と素早い対応が何よりも重要です。
当院が最も力を注いできたこの分野は地域の先生方からはもちろん、県下全域からご紹介いただくまでに発展してきました。循環器センターでは、最新設備の生理検査室、救急車から心臓カテーテル室までの直結、ICUと病棟の一体化など、グレードアップした機能で心臓と血管の病気に対応します。

特徴

早期発見と24時間救急体制で心臓と血管の病気から守ります。
心臓病について
心疾患の大部分を占める恐ろしい病気として虚血性心疾患があげられます。虚血性心疾患とは、心臓が求める血液量と実際に心臓に送られる血液量のアンバランスにより生じる心臓障害と定義されています。このアンバランスの発症原因は冠状動脈にコレステロールなどが沈着し、十分な血液が供給できない場合に起こります。その結果、心臓の筋肉に酸素が不足して、心臓のポンプ機能に問題が生じます。この虚血性心疾患を代表する心臓病としては狭心症と心筋梗塞があります。
その他の心臓病としては脈拍が乱れ動悸などを誘発する不整脈、心臓の弁に障害が起き本来の役割を果たせなくなった状態である弁膜症、心臓のポンプ機能が弱まり全身に送り出す血液量が低下し動悸や息切れを引き起こす心不全などがあります。
狭心症
心臓を取巻く冠状動脈の内部が動脈硬化※のため狭くなり、心筋に血液が十分に送られなくなります。その結果、心臓の筋肉に酸素が不足し、胸がしめつけられるような胸痛や息切れなどの症状がでます。このような状態を狭心症と呼びます。
狭心症は症状により労作性狭心症、不安定狭心症、異型狭心症の3つに分類することができます。
※動脈硬化とはコレステロールなどが動脈に沈着し、冠状動脈の壁が厚く固くなる状態

労作性狭心症とは
日常的に(例えば歩行、階段の昇り降り)胸部に不快感を持つ症状を特徴とします。この不快感は放散するものとしないものがありますが、通常は数秒から15分程度持続します。特に精神的な興奮によることもあります。

不安定狭心症とは
発作を起こすごとに症状が強くなってくる狭心症で、適切な処置をとらなければ心筋梗塞を引き起こす危険があります。初回の狭心症はこのタイプに含まれ、経過を見ながらタイプ分類を行います。

異型狭心症とは
冠状動脈の狭窄の有無に関わらず、攣縮(れんしゅく:痙攣性の収縮)により起こります。日本人には多いタイプの狭心症で夜間から早朝にかけて起こりやすいタイプです。
心筋梗塞
当院では、患者様の身の回りの衛生環境向上とご家族様の洗濯などの手間軽減を目的として、ご希望の方に入院セットのレンタルを行っております。入院時に必要な病衣・タオル等のご準備が不要となります。ご希望の方は入院時に職員までお申し出ください。
※特別室SA、特別室SBには入院セットのBプランの料金が含まれております。
心筋梗塞とは冠状動脈が極端に狭くなった結果、完全に閉塞したり血の固まり(血栓)ができたりし、そこから先に血液が流れなくなり、心筋が壊死した状態を言います。
心筋梗塞は狭心症とは異なり、強烈な胸の痛みが長く続くのが特徴とされています。急性心筋梗塞では不整脈や発作のショックで即死することも多いため、心筋梗塞が疑われると直ぐに救急車で病院に運ぶ必要があります。
当院では24時間救急体制でいつでも対応可能です。

治療実績

検査 2020年
診断カテーテル検査 381
心臓CT検査 163
心臓エコー検査 3735
ホルター心電図検査 2980
下肢・頸部血管エコー検査 2767

※1月~12月の合計数

治療 2020年
PCI(経皮冠動脈形成術) 122
EVT(経皮的血管形成術) 222
ペースメーカー植込み術 19

※1月~12月の合計数