Heatmap plugin

Information

多発性嚢胞腎【たはつせいのうほうじん】

腎臓に関連する遺伝性の病気です。両側の腎臓に嚢胞(のうほう)と呼ばれる水袋ができていきます。
初期には自覚症状がほとんどありませんが、約半数の患者さんが60歳代までに透析を始めています(2014年現在)。
高血圧を伴うことが多いため、治療には降圧薬が使われることがあります。

たんぱく尿【たんぱくにょう】

尿中にたんぱく質が含まれているかどうかを調べる検査です。
正常値は(-)です。
【(+)以上が出る場合】腎炎、ネフローゼ症候群、腎硬化症、糖尿病、膠原病など健康な人でも激しい運動の後などに一時的に検出されることがあります。

蓄尿検査【ちくにょうけんさ】

24時間(1日分)の尿を溜め、尿の量と尿に含まれる成分の量を測る検査です。
腎臓の働きや、食事療法がうまくいっているかどうかの判断に使われます。

低血糖【ていけっとう】

血糖値が低い状態です。強い空腹感、脱力感、手のふるえ、頭痛、目のかすみ、眠気などの症状が現れ、ひどくなると昏睡状態に陥る危険性があります。
糖尿病の薬が効きすぎたり、薬が効くタイミングと血糖値が上がるタイミングがずれた時に起こりやすくなります。

糖尿病【とうにょうびょう】

高血糖が長く続いている状態です。口が渇く、水をたくさん飲む、多尿、体重が自然と減るなどの症状が見られます。
空腹時血糖値が126mg/dL以上、食後2時間血糖値が200mg/dL以上、HbA1cが6.5%以上の場合、糖尿病の可能性があります。

糖尿病性腎症【 とうにょうびょうせいじんしょう】

糖尿病が進行して腎臓が傷ついてしまった状態です。
透析を開始する理由の多くは糖尿病性腎症です(2014年12月現在)。

動脈硬化【どうみゃくこうか】

血管の内側が狭くなってしまうことです。血液が流れにくくなります。
高血圧や糖尿病で血管が傷つくとコレステロールなどが血管の内側に入り込み、こぶのようなものを作り、狭くなってしまいます。

偕行会の取り組み

合併症対策
早期発見
早期治療
人工炭酸泉
フットケア
運動療法
栄養指導

偕行会グループ 透析施設

偕行会セントラルクリニック
偕行会セントラルクリニック名古屋市中川区
名港共立クリニック
名港共立クリニック名古屋市港区
海部共立クリニック
海部共立クリニック愛知県弥富市
豊田共立クリニック
豊田共立クリニック愛知県豊田市
半田共立クリニック
半田共立クリニック愛知県半田市
安城共立クリニック
安城共立クリニック愛知県安城市
碧海共立クリニック
碧海共立クリニック愛知県安城市
瀬戸共立クリニック
瀬戸共立クリニック愛知県瀬戸市
くわな共立クリニック
くわな共立クリニック三重県三重郡
中津川共立クリニック
中津川共立クリニック岐阜県中津川市
駒ヶ根共立クリニック
駒ヶ根共立クリニック長野県駒ヶ根市
静岡共立クリニック
静岡共立クリニック静岡県静岡市
城北共立クリニック
城北共立クリニック静岡県静岡市
掛川共立クリニック
掛川共立クリニック静岡県掛川市
佐鳴台あさひクリニック
佐鳴台あさひクリニック静岡県浜松市
高丘北あさひクリニック
高丘北あさひクリニック静岡県浜松市
駒込共立クリニック
駒込共立クリニック東京都文京区
さいたま ほのかクリニック
さいたま ほのかクリニック埼玉県さいたま市