診療科・部門

薬剤部

概要

薬剤部では患者様に安心で安全な薬物治療を提供するために、医薬品に関わる幅広い業務を担っています。
薬剤師は薬剤部で薬の調剤や調製をするときに、薬の飲み合わせや、年齢・腎機能・肝機能等に合わせて、個々の患者様に最適な薬が最適な量とタイミングで処方されていることを確認しながら、薬の調剤や調製をしています。病棟では、患者様への薬の説明や患者様の状態と検査値情報を併せて治療効果や副作用の確認も行っています。またご自身で薬の管理ができない患者様のために、食事ごとに薬をお渡しするための準備も行っています。
このほかにも、医療スタッフへの医薬品情報の収集や提供、薬学生の受け入れなども行っています。
これらの薬剤関連業務を通じて、職員全体で日々自己研鑚しながら、個々の薬剤師が医薬品セーフティーマネジメントを担う医療チームのメンバーとして役割を果たしています。

方針

1.薬剤師がやれることは何でもやる(他職種への支援)

2.薬剤師は臨床家であり研究家である(専門性の追求:常に最新知見を追及する)

3.患者様に喜んでもらう(患者様満足:サービス業

4.薬の専門家として「正しい薬剤の使用」を検討する(医薬品の適正使用、安全使用)

5.楽しんで仕事をする(積極的なセミナー、研究会・学会への参加)

6.自主性・積極性を重んじる(やりたいことをやる そのかわりに責任は持つ)

スタッフ数

薬剤師:12名 / 助手:1名

【認定薬剤師】

抗菌化学療法認定薬剤師
1名
NST(栄養サポートチーム)専門療養士
2名
糖尿病療養指導士
1名