診療科・部門

医療連携課

概要・特徴

地域医療連携室内に設置されており、医療ソーシャルワーカーが患者様・ご家族からの各種相談に応じています。医療ソーシャルワーカーに是非ご相談ください。

医療ソーシャルワーカーの役割
【医療ソーシャルワーカーってどんな役割を担っているの?】

保険医療機関において、社会福祉の立場から患者様やご家族の抱える経済的・心理的・社会的問題の解決、調整を支援し、社会復帰の促進を図る業務を行います。

【どんな相談ができるの?】

1.通院・入院にかかる医療費、生活に困っている等、経済的問題に関するご相談

2.受診や入院、在宅生活に関する不安等、心理的・社会的問題に関するご相談

3.どの診療科にかかれば良いか分からない、入院を希望される方へのご相談

4.転院や介護施設への入所、在宅ケア諸サービス(介護保険等)の利用に関するご相談

5.復職・復学など社会復帰に関するご相談

【どのように相談すれば良いの?】

対面での相談を希望される場合は外来もしくは病棟スタッフまでお申し出ください。
電話での相談にも対応しておりますので、お気軽にご利用ください。

対面でのご相談 月~金曜日 13:00~16:00
電話でのご相談 月~金曜日  9:00~17:00

※対面・電話でのご相談どちらも平日のみの対応となります
※上記の時間帯以外は応相談

【連絡先(直通)】

052-353-9214
【相談料はかかるの?】

費用はかかりません。個人情報は適切に管理いたしますのでご安心ください。

医療連携課は、地域包括ケア病棟の入院窓口を担っています

地域包括ケア病棟では、他の医療機関に入院中の患者様だけでなく、開業医の先生方やケアマネジャーより入院相談をいただく等、自宅で生活されている方にも対応しています。以下のような方に入院いただき、再び自宅へ戻れるよう支援しています。お気軽にお問い合わせください。

1.最近歩きづらくなった等、安全に自宅で生活するため、入院リハビリを受けたい
2.介護保険の申請中等でサービスが利用できず、自宅での生活に困っている
3.主介護者の方が急な入院・外出等により、一時的に介護が困難になってしまった