診療科・部門

ウェルネスセンター

概要

「ウェルネス」とは、
「自分自身の努力で得た健康」という意味です

「偕行会ウェルネスセンター」は、2004年9月に名古屋市初の「医療法42条施設」として愛知県から認可され、疾病の予防や改善を目的とした運動療法を保険適応外で行う施設として開設致しました。
医療機関ならではのメディカルチェックを基に、最も効果的かつ安全性の高い運動プログラムを個別に作成し、運動専門スタッフによる運動指導を行っており、定期的なメディカルチェックで運動療法の効果判定を行うことも可能です。
ウェルネスセンターは、疾患があり運動を行うことが不安な方や、体力に自信のない方でも安心して運動療法が行える施設です。
当施設は名古屋共立病院の西館4階にあり、運動中に体調を崩されたり、運動を行う中で健康についての不安などありましたら、すぐに名古屋共立病院の受診が出来る体制を整えております。
対象となる方
  • 高血圧や糖尿病、脂質代謝異常症などの生活習慣病の方
  • 心臓など循環器疾患をお持ちの方
  • 日常生活で体力に自信のない方
  • 生活習慣病の予防を目的とされる方
運動療法のススメ

「飽食の時代」と呼ばれる現代。日常の生活も、車社会や便利な家電製品の普及により楽になりましたが、その反面日常生活活動量は低下する一方になってきています。こうした背景から「食べ過ぎ・運動不足」という状態を招き、現代社会の大きな問題である「生活習慣病(糖尿病・高血圧・脂質異常症・肥満など)」に繋がってしまいます。「運動を行う=身体に良い」ということは誰しもが認識していることですが、いざ運動を行うとなるとどのような運動をどれくらい行えば良いか戸惑ってしまいます。運動療法は推奨されていますが、自己流の運動は反って身体に悪影響を及ぼすことさえ有り得ます。適切な運動療法を行う為には、専門的な検査のデータに基づいて個人に最も安全かつ効果的な運動メニューを作成する必要があります。

うぇるねす通信

健康知識、自宅でできる運動など役立つ情報を発信中です。