診療科・部門

臨床工学室

概要

臨床工学技士とは、医師の指示の下に生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う事を業とする専門医療職種です。当院では、医師や他の医療職種と連携しチーム医療の一員として生命維持をサポートし、患者様へ安全で良質な医療を提供しています。

特徴

臨床工学室では夜間・休日の緊急時にも対応できるよう24時間待機体制をとっています。
また、技士一人ひとりが幅広い業務に対応できることを目的として、人員配置や人材教育の取り組みを行っています。

活動実績

【学会発表】

2015年 3演題 (透析医学会・心血管インターベンション治療学会・日本アフェレシス学会)
2016年 2演題 (透析医学会・心血管インターベンション治療学会)
2017年 3演題 (透析医学会・心血管インターベンション治療学会・日本環境感染学会)
2018年 2演題 (透析医学会・急性血液浄化学会)
2019年 2演題 (透析医学会・日本医療機器学会)
2020年 1演題 (心血管インターベンション治療学会)

スタッフ数

臨床工学技士:10名

【保有専門資格】

透析技術認定士
1名
体外循環技術認定士
1名
不整脈治療専門臨床工学技士
1名
学会合同呼吸療法認定士
1名
ICLS認定インストラクター
1名
MDIC認定者
1名