診療科・部門

脊椎・脊髄外科センター

概要

脊椎・脊髄外科センターは整形外科領域の中でも患者様の多い脊椎・脊髄疾患を中心に日本脊椎脊髄病学会に所属する指導医が中心に治療を行います。脊椎の中には脊髄神経が通っていますが、様々な原因でこの神経が障害され症状をきたします。これが要因となり痛みやしびれで日常生活が不自由になり、悪化すれば手足の麻痺に進行する場合もあります。
頚椎症性神経根症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症は麻痺がない限り保存療法が原則で、椎間板内注入療法(椎間板内に痛み止め・炎症止めを直接注射)、選択的神経根ブロック(神経内に痛み止め・炎症止めを直接注射)で治療いたします。
十分な保存療法を行っても痛みが激しく、日常生活に支障を来している患者さんには、手術治療を検討します。
手術は、患者さんの早期の社会復帰を実現するため最新の術式を導入しており、従来の手術法に加えて内視鏡手術も行っています。多くの患者さんで症状の改善が図れるため、最適な手術を提案させていただきます。
内視鏡手術はからだの創も小さく術後の痛みが少なくなっており、メリットの大きな手術法です。身体への負担も従来の方法に比べると大幅に軽減され、多くの患者様が手術で症状の改善を図られています。

特徴

内視鏡手術は、和歌山県立医科大学で研鑽を重ね、脊椎内視鏡下手術技術認定医の資格を持つ湯川医師が担当します。
脊椎内視鏡下手術を全国に先駆けて導入し、これまでに圧倒的な症例数と良好な成績を積み重ねています。
腰椎椎間板ヘルニアに対する究極の保存療法といわれるヘルニコア治療(腰椎椎間板ヘルニアを酵素で溶かす治療)にも対応しており、加藤医師はヘルニコア治療の開発者の一人です。
医師資格・施設限定で保険適応になった加齢性椎体骨折に対する椎体形成術(BKP)経皮的骨セメント充填術も当院で実施可能です。

主な対象疾患

病名
腰部脊柱管狭窄症
腰椎椎間板ヘルニア
頚椎症性脊髄症
頚椎椎間板ヘルニア
後縦靭帯骨化症
脊髄腫瘍
脊柱変形(首下がり、腰曲がり)

パンフレット