診療科・部門

ハイパーサーミアセンター

概要

温熱療法は保険診療になります。

がん組織は正常組織に比べ熱に弱いことが世界の科学者によって証明されており、41.5℃~44℃程度の温度で死滅します。
がんは体の表面から深い臓器に至るまでほとんどの組織にできる病気です。温水などの普通の加温では、所定の温度(41.5℃以上)に高めることは不可能ですが、高周波エネルギーを巧みに利用することによって加温が可能です。また、高周波をがん組織と正常組織に同時に加えても正常組織は血管が拡張して血流が増え、放熱しやすいですが、がん組織はほとんど血管の拡張が無く血流が少ないため、蓄熱しやすく正常組織に比べ高い温度が保てます。 この特性に着目し研究を重ねた末、生まれた治療法が高周波ハイパーサーミア(がん温熱療法)です。

パンフレットはこちら

特徴

加熱の方法
がん病巣を中心に体表から一対の電極をセットし、8MHzの高周波を与えるキャパシティブ方式により、身体内部に高周波が流れ、そのジュール熱により患部の温度を上昇させる仕組みです。 ハイパーサーミア治療は正常組織にダメージを与えることなくがんの病巣のある領域を治療することができますので、従来の治療にみられるような副作用や後遺症などが無く、理想的な治療として注目されています。

正常な組織に加温した場合
正常な組織は、血流の増加によって熱を逃すので、温度が上昇しにくい。

がん組織に加温した場合
がん組織は血流が増えないため、熱を逃すことができず、その結果、血流が減少して温度が上昇し、栄養が行き渡らず死滅に向かう。

他のがん治療との併用
現在のがん治療には外科治療、化学治療、放射線治療、免疫治療、そして高周波ハイパーサーミア治療があります。 高周波ハイパーサーミア治療は従来の治療との併用をおすすめします。