-後期研修医募集要項-

■後期研修医募集科目

腎臓内科  放射線科 

雇用形態 常勤職員
待遇 【給与】
卒後3年次/年収 約9,000,000円 (賞与・諸手当含む)
卒後4年次/年収 約9,500,000円 (賞与・諸手当含む)
卒後5年次/年収 約10,000,000円 (賞与・諸手当含む)
【賞与】 年間4.5ヶ月分(前年度実績)/年
【社会保険】健康保険、厚生年金保険、雇用保険
【医師賠償責任保険】 病院にて加入
【産休・育休の取得率】 有り
【再雇用・再研修制度】 有り
当直 回数/月3~5回
手当/回 平日50,000円、土・日・祝⽇120,000円(日当直)
住居について 独身寮あり
バス、トイレ、キッチン付 ワンルームマンション形式
福利厚生 ゲストハウス、リゾートホテル、海外コンドミニアム、福利厚生施設(ジャグジー、ジム、カラオケルーム、エステルーム、バーチャルゴルフ及びレッスンなど)
学会補助 有   学会発表者(発表手当あり、交通費、宿泊費、参加費負担)
発表以外は年間一人あたり10万円の予算あり

■後期研修医募集要項

腎臓内科

後期研修プログラムの概要

3年間で腎炎、糖尿病性腎症などの初期治療から、保存期腎不全の管理、血液透析、腹膜透析治療の導入と維持管理について、当初は上級医の指導の下に、その後は臨床経験の段階を見ながら、最終的に腎臓内科医として、腎疾患患者の診断・治療・慢性期管理が⾏えるようになることを目標としている。このために各疾患の患者について、外来・入院主治医として担当し、臨床経験を積んでいく。内科学会、腎臓学会、透析医学会の教育施設であり、各学会の認定医等取得も目指す。

研修責任者名 春日 弘毅
研修責任者の役職 副院長
学会認定 日本腎臓学会研修施設
日本透析医学会認定施設
日本内科学会教育関連病院
病床数 28床
研修医の
主な出身大学
名古屋大学
カンファレンス
について
入院患者について病棟全体でのカンファレンス/(週1回)
他科研修の可能性 必要に応じて相談
研修修了後の進路 本人との話し合いにより、当院で引き続き勤務、他の病院への異動、大学院への進学など
関連大学医局 名古屋大学

後期研修プログラムの特徴

上級医の指導の下、早期から実際の患者を受け持ち、診断・治療の方法や手技を獲得する。特に透析患者についてはグループ全体の症例数及び治療成績は全国有数である。
また、患者からの臨床経験と共に、症例検討会、院内・院外の勉強会(特に名古屋大学腎臓内科フェローシッププログラム)への参加により学問的裏づけを行う。

週間スケジュール(一例)

 
  外来       休み 休み
午前   外来 血液透析
回診
シャント
PTA
救急当番
午後 カンファレンス 外来 腹膜透析
外来
シャント
PTA
救急当番
夕方   外来 抄読会
(月1 回)
   

放射線科

後期研修プログラムの概要

定位放射線治療(ガンマナイフ、ノバリス)の適応、治療計画、検証、照射治療、治療後の経過観察の際の知識・技術の習得、それに伴う、CT、MRI、PET、血管撮影などの画像診断の知識、技術の習得。

研修責任者名 津川 隆彦
研修責任者の役職 放射線外科 部長
学会認定 日本医学放射線学会専門医修練機関(診断・治療)
病床数 6床
カンファレンス
について
診療科カンファレンス/(月1回)、治療カンファレンス/(週1回)
他科研修の可能性 原則単科研修、希望があれば考慮します。
研修修了後の進路 本人の希望によります。
当科は名古屋市立大学放射線科と名古屋大学脳神経外科医局の関連病院ですので入局も歓迎します。
関連大学医局 名古屋市立大学放射線科と名古屋大学脳神経外科
海外の関連施設
について
ピッツバーグ大学ガンマナイフセンターと交流があります。

後期研修プログラムの特徴

当院では定位放射線治療を専門的に行っています。脳疾患については、ガンマナイフ治療とノバリス治療、体幹病変についてはノバリス治療を行っています。ガンマナイフ治療数は全国でも5位以内くらいの症例数があり、ノバリス治療についても、肺がん、頭頚部癌、脊椎腫瘍の多数の症例数があります。最先端の定位放射線治療診療を研修することができます。また、関連施設にPETが合計5台設置されており、放射線治療においてのPET検査の利用の仕方も習得することができます。

週間スケジュール(一例)

 
午前 外来診療 血管撮影 定位放射線
治療
定位放射線
治療
カンファ
レンス
休み 休み
午後 定位放射線
治療
画像診断 定位放射線
治療
定位放射線
治療
定位放射線
治療
休み 休み