JP - EN

World Kidney Program 2022 世界腎臓デー 本イベントは終了いたしました。多数のご視聴誠にありがとうございました。
World Kidney Program 2022 世界腎臓デー 本イベントは終了いたしました。多数のご視聴誠にありがとうございました。

World Kidney Program 2022

慢性腎臓病(CKD)患者数は日本国内に1,330万人(成人の8人に1人)*¹、世界で9.1%*²が罹患しているとされ、年々増加傾向にある注意が必要な病気です。慢性腎臓病(CKD)は腎臓の機能が低下したり、たんぱく尿などの腎臓の異常が続いたりする病気ですが、初期はあまり症状が現れず、自覚しにくいことが特徴です。
気づかず症状が進むと、透析治療や腎移植が必要となるリスクが高まり、心臓病や脳卒中を発症する危険性も高まると言われています。

※1 日本腎臓学会 CKD診療ガイド2012

※2 Global Burden of Diseases, Injuries, and Risk Factors Study 2017

本プログラムは、3月第2木曜日(2022年3月10日)の「世界腎臓デー*」に合わせ、世界的に注目の集まる「腎臓」について、その働きから腎臓病の予防、透析治療の最前線にいたるまで、分かりやすく豊富なセミナーを計4日間にわたりオンライン配信します。
名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 腎臓内科 丸山彰一 教授を大会長に迎え、日本国内はもとよりインドネシアや中国など海外の医療機関からも各国の腎臓治療・透析の情報発信をいたします。

※ 世界腎臓デー…国際腎臓学会(ISN)と腎臓財団国際連合(IFKF)により制定

  • 三十三銀行
  • PHOENIX
  • TOHOBIZNEX
  • オオサキメディカル
  • kouhousentai
  • ティー・オー・エム
  • 小野薬品工業
  • 協和キリン

開催概要

名称
World Kidney Program 2022
会期
2022年 3月
6日(日)・13日(日)・20日(日)・27日(日)
申し込み
事前登録制
参加費
一般参加費 無料
企業参加費 20,000円(税込)
※企業参加をご希望の方は事務局までお問い合わせ下さい。
テーマ
あなたの腎臓は大丈夫?
身近に潜むサイレントキラー『CKD(慢性腎臓病)』と透析治療
大会長
丸山彰一(名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 腎臓内科 教授)
学術監修
名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 腎臓内科
後援
名古屋市
一般社団法人 愛知県腎臓病協議会
NPO法人 名古屋市腎友会
NPO法人 名古屋腎臓病克服総合フォーラム
NPO法人 日本腎臓病協会
厚生労働科学研究費補助金(腎疾患政策研究事業)「慢性腎臓病(CKD)に対する全国での普及啓発の推進、地域における診療連携体制構築を介した医療への貢献」研究班
CBCテレビ
事務局
偕行会グループ 株式会社名古屋メディカルマネジメント
〒454-0933 名古屋市中川区法華1-161(医療法人偕行会 法人本部内)
お問い合わせ
TEL: 052-352-5581
Mail: event-ml@kaikou.or.jp
  • 開催趣意書
  • 大会長ごあいさつ
  • ケアコム
  • QUANTIZE
  • 三和化学研究所
  • アステラス製薬
  • 愛知県腎臓病協議会
  • 日機装
  • PSP
  • フクダ電子
  • 学研メディカル秀潤社の腎・泌尿器領域関連書籍のご案内
  • キヤノンメディカルシステムズ
  • 旭化成メディカル
  • 鳥居薬品
  • 日本事務器
  • JFEエンジニアリング
  • メディキット
  • キッセイ薬品工業

タイムテーブル/申込み

プログラムの視聴にはwebexへの事前登録が必要です。

ご希望の日ごとに申込みボタンをクリックし、必要事項を入力してください。
ご登録後、視聴用URLが自動送信されます。

※一つでも視聴を希望する演題がございましたら、その日ごとにお申込みください。

webex by CISCO

3/27(日)4日目の配信内容を一部変更し、
World Kidney Program 2022の1日目(3/6)に配信した2演題を好評につき再配信いたします。
3/6(日)の配信を見逃してしまった方、もう一度見たいという方必見です!
詳細は下記タイムテーブルのうち、13:10-13:50の欄をご確認ください。

  • 1日目 
    3/6(日)
  • 2日目 
    3/13(日)
  • 3日目 
    3/20(日)
  • 4日目 
    3/27(日)
  • テーマ
    腎不全のメカニズム

    1日目の申込み受付は
    終了いたしました

      
    10:00-11:00
    日本語

    1-1 オープニング 開会挨拶

       

    ◆大会長挨拶
     丸山彰一(名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 腎臓内科 教授)

    ◆ご挨拶
    ・名古屋市長 河村たかし 様
    ・インドネシア パレパレ市長 タウファン パウェ 様
    ・ハサヌディン大学 学長  ドゥウィア アリース ティナ プルブフ 様

      
    11:00-11:30
    日本語

    1-2 腎臓のはたらきと腎不全の原因 腎臓のはたらきと腎不全の原因

    名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 腎臓内科 教授 丸山彰一

    腎臓のはたらきから慢性腎臓病(CKD)についてまで、腎臓に関する「基本のキ」をクイズも交えながら分かりやすくお伝えします。

    講師情報はこちら

      
    11:40-12:00
    日本語

    1-3 腎臓内科のかかり方 腎臓内科のかかり方

    名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 腎臓内科 講師 小杉智規

    沈黙の臓器と呼ばれる腎臓。「どんなタイミングで腎臓内科を受診すれば良いのか」「実際に受診した際の検査や指導について」など専門医より詳しくお伝えします。

    講師情報はこちら

      
    12:10-12:35
    インドネシア語

    1-4 腎臓のはたらきと腎不全の原因
    腎臓のはたらきと腎不全の原因

    Nephrology Hypertension Division, Internal Medicine Department
    Medical Faculty Hasanuddin University,
    Makassar, South Sulawesi, Indonesia
    Sitti Rabiul Zatalia Ramadhan

    腎臓にはたくさんの機能があります。これらの腎機能が低下すると、慢性腎臓病のリスクにつながります。このセミナーでは、腎臓の機能と慢性腎臓病の原因についてお伝えします。

    ※本演題は時間内に2度放映されます。

    講師情報はこちら

      
    12:50-13:10
    中国語

    1-5 腎臓内科のかかり方 シャントのモニタリングと観察

    河南省人民病院 血液浄化センター主任 張宏涛

    中国の平均透析歴は4.2年。しかしながら、中国では2011年から2020年の10年間で、透析歴10年を超える患者様が増加しています。
    透析患者様の生命線であるシャント管理については、医療従事者のみならず、患者様自身にも知っておいていただきたい重要なことであると考えています。

    講師情報はこちら

      
    13:20-13:50
    中国語

    1-6 透析治療と腎移植 透析治療バスキュラーアクセスの合理的選択とシャント管理

    青島濱海学院附属病院腎臓内科主任医師 教授 李甦

    透析治療について、バスキュラーアクセスの合理的選択とシャント管理の視点から詳しくお伝えします。
    また、中国の腎移植の現状をわかりやすく紹介します。

    講師情報はこちら

      
    14:00-14:30
    日本語

    1-7 透析治療と腎移植 透析治療と腎移植

    名古屋大学大学院医学部附属病院 腎臓内科 病院講師 齋藤尚二

    腎代替療法には、血液透析・腹膜透析・腎移植があり、自由に乗換えが可能と言われています。それぞれの治療法や各種データ、メリット、注意事項等を紹介します。それぞれのライフスタイルに合わせた腎代替療法を選択してください。

    講師情報はこちら

      
    14:40-15:00
    日本語

    1-8 検尿検診の必要性 検尿でわかること、お話します
    〜腎臓病早期発見における検尿の意義について

    名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 腎臓内科 特任講師 加藤佐和子

    自覚症状が乏しい腎疾患を早期発見するには、皆さんも1度は行ったことがあるであろう尿検査が必要不可欠です。「検尿でわかること」、「検尿の意義と重要性」についてわかりやすくお伝えします。

    講師情報はこちら

  • テーマ
    慢性腎臓病(CKD)になったら

    2日目の申込み受付は
    終了いたしました

      
    10:10-10:40
    日本語

    2-1 CKDステージと診断基準
    CKD(慢性腎臓病)のステージと診断基準

    名古屋大学大学院医学系研究科病態内科学講座腎臓内科学・特任准教授 安田 宜成

    日本のCKD患者様は1,330万人で新たな国民病と言われています。CKDになると、脳卒中や心筋梗塞など心血管疾患に対するリスクが高まります。末期腎不全へ進展しないよう進行度(ステージ)に応じた治療が重要です。

    講師情報はこちら

      
    10:50-11:20
    日本語

    2-2 腎不全保存期の食生活 慢性腎臓病と言われた方へ
    ~食生活の工夫~

    医療法人偕行会 名古屋共立病院 栄養指導部 課長 伊藤やよい

    普段の食生活、食塩摂取量をチェックしてみませんか。管理栄養士が、減塩食と低タンパク食をおいしく食べられる工夫を紹介しています。食事療法の主役は患者様。おいしく食べて病気の進行を抑えていきましょう。

    講師情報はこちら

      
    11:30-11:50
    日本語

    2-3 腎不全保存期の薬物療法 腎不全保存期の薬物療法

    名古屋大学医学部附属病院 腎臓内科 講師 加藤規利

    腎臓は繊細な臓器です。まずは腎機能が悪化しないようリスク軽減に努めることが重要ですが、もしも腎臓病が進行してしまった場合は、病態に応じた治療法(薬物療法)が必要です。

    講師情報はこちら

      
    12:00-12:25
    インドネシア語

    2-4 腎臓の健康を保つ方法 腎臓の健康を保つ方法

    Lecturer at the Faculty of Medicine, Department of Internal Medicine, Lambung Mangkurat University, -Ulin General Hospital, Banjarmasin, Indonesia Mohamad Rudiansyah

    CKDについての知識のギャップを減らすために、「腎臓の健康を保つ方法」をベースに、腎臓ケアに関する基本的な知識を分かりやすい用語でお話します。 「腎臓病」についてよく知らない、という方にぜひ聴いていただきたい講座です。

    講師情報はこちら

      
    12:50-13:30
    日本語

    2-5 腎炎・ネフローゼ症候群 腎炎・ネフローゼ症候群

    名古屋大学医学部付属病院 腎臓内科 助教 前田佳哉輔

    腎臓が悪くなる病気にはどういったものがあるのでしょうか。本演題では、腎臓病患者のうち約15%を占める、慢性腎炎及びネフローゼ症候群について詳しくお伝えします。
    多くの腎臓病は進行するまで特に症状がありません。では、どんなきっかけで見つかるのでしょうか。そして、その原因はどういったものでしょうか。「健康診断で指摘されたけど、無症状だし大丈夫かな」は禁物です。

    講師情報はこちら

      
    13:40-13:55
    インドネシア語

    2-6 CKDステージと診断基準 CKDステージと診断基準

    Department of Internal Medicine at Faculty of Medicine Hasanuddin University, Indonesia Hasyim Kasim

    慢性腎臓病(CKD)の診断基準と重症度分類をお伝えします。

    ※本演題は時間内に2度放映されます。

    講師情報はこちら

      
    14:20-14:40
    インドネシア語

    2-7 腎不全保存期の薬物療法 腎不全保存期の薬物療法

    Chairman of the Department Internal Medicine of Faculty of Medicine Hasanuddin University, Indonesia Syakib Bakri

    CKD患者の腎機能は、治療せずに放置すると徐々に低下し腎不全となります。この腎不全への進行を、薬物療法によって遅らせることができます。 このセミナーでは、腎不全への進行を遅らせる薬物療法についてお伝えします。

    講師情報はこちら

      
    14:50-15:30
    インドネシア語

    2-8 腎不全保存期の食生活 腎不全保存期の食生活

    Deputy Dean for Planning, Finance, and Human Resources at Faculty of Medicine Hasanuddin University, Indonesia Haerani Rasyid

    慢性腎臓病患者の腎機能の低下を予防するためには、食事療法を実施するのが不可欠です。 このセミナーは、透析・非透析ステージの両方で、慢性腎臓病患者が食事療法を維持する理由と方法についてお伝えします。

    講師情報はこちら

  • テーマ
    透析治療を知ろう

    3日目の申込み受付は
    終了いたしました

      
    10:10-10:30
    日本語

    3-1 日本の透析治療の現状 日本の透析医療の歴史と現状

    医療法人偕行会 常務理事 兼 透析医療事業部 事業部長 山田哲也

    世界有数の透析大国といわれる日本。「なぜ日本は透析大国となったのか」をベースに、日本の透析治療の進歩及び歴史と現状についてお伝えします。「透析」について詳しくわからない、という方にもぜひ聴いていただきたい講座です。 

    講師情報はこちら

      
    10:40-11:00
    日本語

    3-2 シャント シャントについて

    医療法人偕行会 透析医療事業部 部長
    偕行会セントラルクリニック バスキュラーアクセス治療センター 部長
    櫻井 寛

    「シャント」とは、動脈と静脈を体内または体外で直接つなぎ合わせた血管のこと。血液透析患者様にとって命綱とも言われています。気を付けなければいけないのがシャント合併症。日常生活における予防法やいざという時の治療法について詳しくお伝えします。

    講師情報はこちら

      
    11:10-11:40
    日本語

    3-3 合併症対策(概論) 合併症対策(概論)

    医療法人偕行会 名港共立クリニック 院長 鍋島邦浩

    長期透析患者様が増加する一方で、同時に複数の合併症に悩まされている方も多いと思います。合併症の種類、原因などについて解説するほか、透析医療の将来にも触れています。患者様だけでなく、医療従事者の方にも視聴いただきたい演題です。

    講師情報はこちら

      
    11:50-12:10
    日本語

    3-4 栄養療法と透析レシピ 透析患者の食事療法

    医療法人偕行会 名古屋共立病院 栄養指導部 部長 中根真利子

    透析患者様において、合併症を予防し健康を維持するためには、食事療法はとても重要です。バランスの良い食生活はもちろんですが、エネルギーやたんぱく質等「適切に」摂取することが大切。減塩方法や透析食レシピも紹介します。

    講師情報はこちら

      
    12:20-12:40
    インドネシア語

    3-5 透析治療の現状と課題(インドネシア) 透析治療の現状と課題(インドネシア)

    Head of Dialysis Unit at Dr. Tadjuddin Chalid Public Hospital, Makassar, Indonesia Melda Tessy

    インドネシアの血液透析、外来腹膜透析治療から腎臓病患者のケアにおける現状と課題について、豊富な分かりやすいデータとともに取り上げます。

    ※本演題は時間内に2度放映されます。

    講師情報はこちら

      
    12:50-13:10
    中国語

    3-6 透析治療の現状と課題(中国) 中国における終末期腎不全患者 透析治療の現状

    青島濱海学院附属病院腎臓内科主任医師 教授 李甦

    透析大国-中国
    その透析治療の歴史と発展及び終末期腎不全患者の透析治療の現状について、世界各国と比較しながら詳しく紹介します。

    講師情報はこちら

      
    13:20-13:40
    中国語

    3-7 腹膜透析について 腹膜透析の限外ろ過治療

    青島濱海学院附属病院腎臓内科主任医師 教授 李甦

    腹膜透析の限外ろ過治療において、水分除去の重要性を詳しくお伝えします。ぜひご視聴ください。

    講師情報はこちら

      
    13:50-14:10
    日本語

    3-8 透析運動療法 透析患者に対する運動療法

    医療法人偕行会 透析運動療法統括部 統括部長 森山善文

    筋肉は重力がかからなければどんどん減少していきます。透析治療中の運動療法は、体力向上だけでなく、透析効率向上や身体的なQOLを改善させるという報告があります。体調に合わせた運動を行い、健康寿命を延ばしていきましょう。

    講師情報はこちら

      
    14:20-14:40
    日本語

    3-9 透析治療と炭酸泉 炭酸泉治療について

    医療法人偕行会 透析運動療法統括部 統括部長 森山善文

    温泉や温浴施設等で一度は聞いたことがあるであろう「炭酸泉」。炭酸泉の血行促進作用は、さまざまな疾患の予防につながることがわかっています。炭酸泉は透析患者様はもちろんのこと、どなたでも取り入れることができる健康法です。

    講師情報はこちら

      
    14:50-15:15
    日本語

    3-10 偕行会の透析治療① 偕行会グループの透析医療

    医療法人社団偕翔会 理事長 堀川和裕

    偕行会グループは、1979年の名古屋共立病院の開院以来40年以上にわたり、透析医療に注力し続けています。透析の質にこだわりながら、人の心の温かさも大切にする偕行会グループの透析医療についてぜひ知ってください。

    講師情報はこちら

      
    15:30-16:00
    日本語

    3-11 偕行会の透析治療②(合併症対策) 偕行会グループの透析合併症対策

    医療法人偕行会 名古屋共立病院 副院長 兼 腎臓内科 部長 春日弘毅

    透析患者様に多く見られる心臓病、PAD(閉塞性動脈硬化症)、フレイルといった合併症に対して、偕行会グループで実施している検査・治療の有効性と目的等について詳しくお伝えします。
    また、大きな課題と考えている「がん」「認知症」対策についても触れていきます。

    講師情報はこちら

  • テーマ
    透析患者さんとその日常生活

    4日目の申込み受付は
    終了いたしました

      
    10:10-10:30
    日本語

    4-1 透析患者の自己管理 透析患者さんの自己管理

    医療法人偕行会 透析医療事業部 副事業部長 熊澤ひとみ

    透析生活では、十分な透析と積極的な自己管理がとても重要です。シャントのこと、食事のこと、運動のこと、お薬のこと、感染予防など正しい知識を身につけるとともに日々の小さな体調変化を見落とさないようにしましょう。

    講師情報はこちら

      
    10:40-11:00
    日本語

    4-2 検査の重要性 透析患者さんにお伝えしたい「検査」の話

    医療法人偕行会 偕行会城西病院 内科部長 石川英昭

    透析患者さんが日々受けられる「検査」。一体なんのための検査か、検査から何がわかるのか、検査を受けてどうしたら良いのか、よくご存じでしょうか。この講義から「検査の大切さ」について知っていただきたいと思います。

    講師情報はこちら

      
    11:10-11:30
    日本語

    4-3 透析患者と仕事 透析患者と仕事

    NPO法人 名古屋市腎友会 井上誠司

    ある調査では「仕事をしていない」透析患者は約66%。しかし、家族や会社のサポートを受け、自分の体調と相談しながら働くことは可能です。「孫が結婚するまでは」とモチベーションを維持する「私」の過ごし方や仕事の様子を紹介します。

      
    11:40-12:00
    日本語

    4-4 透析患者と患者会 腎臓病患者・透析患者のいのちとくらしを守るため

    一般社団法人愛知県腎臓病協議会 常任理事 高橋元治 NPO法人名古屋市腎友会 会長 鈴木則子

    透析患者の社会的・精神的支えとなる腎友会。当事者同士が意見交換・情報交換しながら、交流を深めています。演題では、加入のメリットや活動内容などについてまとめています。また、透析導入時の思いもお話いたします。

      
    12:10-12:30
    日本語

    4-5 透析患者と介護 透析患者と介護

    医療法人偕行会 老人保健施設かいこう 課長 森 亜由美

    透析患者様においても高齢化は避けて通ることができない問題です。長く通院透析治療が受けられるよう、介護保険制度及び介護施設等に対する知識を深めておくことはとても重要です。

    講師情報はこちら

      
    12:40-13:00
    日本語

    4-6 高齢者の透析 人生100年時代 ご長寿透析患者さんにとって、必要な心構えとは?

    医療法人偕行会 偕行会城西病院 内科部長 石川英昭

    ご長寿透析患者さんが直面するであろう「フレイル」、「認知症」。そして、いざというときの備えとしてご提案したい「人生会議」についてご紹介します。透析患者様とご家族が改めて向き合うきっかけになるような講義にしたいと思います。

    講師情報はこちら

      
    13:10-13:50
    日本語

    4-7 見逃し配信! 腎臓のはたらきと腎不全の原因/腎臓内科のかかり方(3/6分 再配信)

    名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 腎臓内科 教授 丸山彰一 名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座 腎臓内科 講師 小杉智規

    World Kidney Program 2022の1日目(3/6)配信した2演題を好評につき再配信いたします。
    3/6(日)の配信を見逃してしまった方、もう一度見たいという方必見です!

    ■腎臓のはたらきと腎不全の原因(丸山彰一)
    腎臓のはたらきから慢性腎臓病(CKD)についてまで、腎臓に関する「基本のキ」をクイズも交えながら分かりやすくお伝えします。

    ■腎臓内科のかかり方(小杉智規)
    沈黙の臓器と呼ばれる腎臓。「どんなタイミングで腎臓内科を受診すれば良いのか」「実際に受診した際の検査や指導について」など専門医より詳しくお伝えします。

      
    14:00-14:20
    インドネシア語

    4-8 透析患者の自己管理 透析患者の自己管理

    Head of Nursing Laboratory in Nursing Faculty of Hasanuddin University Abdul Majid

    透析後の身体的なストレスにより、透析を完了していない、または拒否する方が多くいますが、自己管理をすることで身体的ストレスを抑えることができます。このセミナーは、透析を受けながら適切な自己管理を行う方法をお伝えします。

    講師情報はこちら

      
    14:30-15:00
    日本語

    4-9 VRによる透析運動療法 VR×ゲームで切り開く 新しい運動療法!

    医療法人偕行会 偕行会城西病院 内科部長 石川英昭

    透析患者さんにとって運動療法はとても大切ですが、運動は単調で続かないこともあるでしょう。そこで、患者さんが手軽に楽しんで取り組めるVR(バーチャルリアリティー)技術を使った最新の運動療法を開発しましたのでご紹介します。

    講師情報はこちら

      
    15:00-15:20
    日本語

    4-10 クロージング 閉会挨拶

       

    名古屋市立大学大学院 腎臓内科学分野 教授 濱野高行 様

注意事項

  • お申込みは各週先着10,000名様とさせていただきます。
  • プログラム内容、スケジュール、講演者はやむをえない事情で予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 講演者ならびに参加者に対する一方的なセールス活動はご遠慮ください。
  • 本プログラムでは、お申込み時にお名前・Eメールアドレス・所属等の個人情報をご登録いただきますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。
  • 各演題の講演内容(情報・画像・映像・音声など)は、演者にその著作権が帰属します。権利者の許可なく複製・転用・販売など、二次利用することを固く禁じます。

協賛企業・団体一覧

※順不同の掲載となります。

事務局・お問い合わせ

偕行会グループ
株式会社名古屋メディカルマネジメント
〒454-0933
名古屋市中川区法華1-161
(医療法人偕行会 法人本部内)
Tel : 052-352-5581 
Mail : event-ml@kaikou.or.jp