Interview 社員インタビュー

明日のために、
自ら動く

藤原 立樹
東名古屋画像診断クリニック 営業企画部 病院連携営業課 リーダー
2017年入職

総合職に求められる 「巻き込む力」

具体的な仕事内容を教えてください

クリニックの受付窓口、電話対応、レセプト(診療報酬明細書)作成などを担当しています。業務に対しスピード感をもってやり遂げることはもちろん、視野を広げ全体を把握しながら進めていくことも意識して取組んでいます。最近では新入職員の教育担当をする機会も増えてきており、先輩としていい姿が見せられるよう日々業務に励んでいます。

やりがいを感じるときは

2019年1月より防火管理者を担当することになり、施設の消防機器・避難経路の把握、災害発生時のマニュアル作成・更新等を行いました。進めるにあたって医師、看護師など各部署と協力し隊編成の更新や新たに避難訓練を実施するなど、自らが中心となって周りを巻き込み実行できたことにやりがいを感じます。また、2019年4月にリーダーへ昇格したことで、より積極的に部署間での問題提起・意見交流を行ってきました。その中で自身が課題解決の力になれていることもやりがいに繋がっています。

互いに高め合いながら 連携して働く

部署の雰囲気を教えてください

職歴の浅いスタッフ(5年未満)が多く、お互いに未熟な部分を補い合いながら業務に従事しています。また、業務上部署内での情報共有が非常に重要で、職員間のコミュニケーションも盛んに行われており、非常に活気のある職場です。向上心ある人も多く、日々その姿勢に刺激を受けながら仕事が出来ることに感謝しています!

偕行会グループの環境はここが良い!

入職以来感じていることは、法人理念にもあるように偕行会グループは職員を大切にする法人だということです。私の職場でも昨年「ハラスメント対策委員会」が発足。働きやすい環境づくりのために施設全体でハラスメント防止に取り組むなど、法人理念を体現しています。

経営戦略を率先して学び、 医療経営のプロフェッショナルへ

医療現場で総合職として働いて思うこと

将来的に医療経営に携わっていくうえで、医療現場を間近で見て、体感できるということはとてもありがたいことと感じています。その中で私は、経営幹部の考えを吸収するために、自ら率先して施設経営に関わるミーティングに参加して、具体的な改善事例を学ぶ努力をしています。実際の現場で見たヒト・モノ・カネの動きや、患者様と接する中で得た知識・経験をこれからの仕事に存分に活用していきたいと思います。