平成29年度 名古屋共立病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 27 77 185 327 742 1055 749 165
平成29年4月から平成30年3月に当院を退院されたDPC(診断群分類)患者様を10歳刻みで集計しています。
一連の入院を1患者として集計し、年齢は入院時点の満年齢となっています。
当院は小児科を標榜していないため0歳から10歳代の患者様は全体の0.1%です。
多い年代は60歳~80歳代で全体の76.3%を占めており、特に多い年齢区分は70歳代の1,055人(31.6%)です。
厚生労働省が定めた集計条件により患者数10未満は -(ハイフン)で掲載しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050XX02000X 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 148 3.36 4.62 - 70.91
050170XX03000X 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 88 3.85 5.68 - 72.52
050170XX03001X 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 54 7.78 11.48 - 77.22
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 19.57 17.71 2.17 80.48
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 3.87 3.03 - 70.06
糖尿病による足病変また、透析患者様に多くみられる動脈硬化による下肢病変、狭心症症例の治療を行っています。
患者数の約34%が透析患者様です。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 59 9.68 10.61 8.47 74.12
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 8.36 8.98 7.14 71.25
060130XX02000X 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 内視鏡的消化管止血術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 7.42 9.08 4.17 74.54
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 22.09 20.83 - 83.77
060130XX99000X 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 6.12 7.39 - 70.29
消化器領域全般の診断・治療を行っています。
内視鏡検査、内視鏡による治療も多く実施しています。
イレウス、腸炎に関しては、当院関連施設の透析患者を多く受け入れています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040XX01X0XX 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2 なし 57 12.91 12.41 - 71.53
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 16.85 12.23 - 75.74
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 28 16.86 12.34 - 78.11
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26 22.31 17.71 3.85 80.69
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 24.45 20.83 - 84.30
1位~5位の患者様のほとんどが透析患者様であり、透析医療の合併症です。
透析患者様はリスクが高い為、平均在院日数が長くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335XX02000X 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 4.50 7.40 - 57.75
060035XX01000X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 12.85 15.61 - 71.23
060040XX02X00X 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 17.49 - -
060150XX03XXXX 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 - - 5.56 - -
060020XX02X0XX 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし - - 17.27 - -
外科では、消化器疾患の手術を行っています。
内視鏡治療が不可能な胆のう疾患に関して主に腹腔鏡下で摘出術を行っています。
悪性腫瘍の手術も腹腔鏡下で行っています。いずれも全国平均より在院日数を短縮し患者負担軽減に努めています。
厚生労働省が定めた集計条件により患者数10未満は -(ハイフン)で表示し、DPCコード・DPC名称・平均在院日数(全国)のみ掲載しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080XX01010X 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 15 22.27 23.93 - 74.00
050080XX01020X 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし - - 32.79 - -
050050XX0101XX 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり - - 23.29 - -
050163XX03X10X 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし - - 16.80 - -
050050XX0152XX 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 5あり 手術・処置等2 2あり - - 39.97 - -
一般患者様及び透析患者様も含め狭心症、慢性虚血心に対する診療を行っています。
胸部大動脈瘤に対しステントグラフトを用いた低侵襲な治療も行っています
厚生労働省が定めた集計条件により患者数10未満は -(ハイフン)で表示し、DPCコード・DPC名称・平均在院日数(全国)のみ掲載しています。
血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180XX97XXXX 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 59 2.42 3.20 - 65.53
050170XX02010X 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし 12 32.50 22.44 - 73.17
050170XX03001X 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 10 32.50 11.48 - 75.00
050170XX02011X 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 あり 定義副傷病 あり 10 45.10 38.84 - 71.90
050170XX99001X 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - 18.24 - -
静脈及び動脈疾患の診療を行っています。
下肢静脈瘤の患者様が多くなっていますが、末梢動脈疾患(PAD)、腹部大動脈瘤の治療も行っており、患者数の約39%が透析患者様です。
厚生労働省が定めた集計条件により患者数10未満は -(ハイフン)で表示し、DPCコード・DPC名称・平均在院日数(全国)のみ掲載しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010XX99030X 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 84 4.50 9.59 94.05 67.64
010060X2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 24 13.04 16.38 - 70.75
010030XX9910XX 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 23 2.04 3.14 - 63.04
010070XX9910XX 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 18 2.61 3.25 - 74.61
010070XX02X0XX 脳血管障害 経皮的頸動脈ステント留置術 手術・処置等2 なし 17 10.53 10.05 - 77.59
当院は、脳腫瘍の患者さんに対し、放射線治療及び開頭手術による摘出術を行っております。
脳血管内・頸動脈治療に於いては、脳動脈瘤及び頚動脈狭窄に対するカテーテル治療を行う体制を整えており、治療数が増加しております。
関連施設に回復期リハビリテーション病院があり、連携して治療を行っております。
患者数の約15%を透析患者様が占めています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007XX010XXX 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 22 4.73 4.14 - 64.45
080007XX97XXXX 皮膚の良性新生物 その他の手術あり - - 6.09 - -
070010XX970XXX 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし - - 4.86 - -
070071XX97XXXX 骨髄炎(上肢以外) 手術あり - - 36.34 - -
080150XX97XXXX 爪の疾患 手術あり - - 4.92 - -
皮膚・皮下腫瘍、褥瘡、陥入爪などの患者様を受け入れしています。
熱傷後の瘢痕拘縮に対する治療も行っています。
厚生労働省が定めた集計条件により患者数10未満は -(ハイフン)で表示し、DPCコード・DPC名称・平均在院日数(全国)のみ掲載しています。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070341XX99XX0X 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 手術なし 定義副傷病 なし 14 11.93 6.89 - 64.93
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 11 28.45 19.94 - 78.64
070343XX99X20X 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし - - 6.65 - -
070350XX99XXXX 椎間板変性、ヘルニア 手術なし - - 8.83 - -
07034XXX99XXXX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 手術なし - - 12.67 - -
疼痛緩和目的の患者様で、神経ブロック等のペインコントロールを行っております。
厚生労働省が定めた集計条件により患者数10未満は -(ハイフン)で表示し、DPCコード・DPC名称・平均在院日数(全国)のみ掲載しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 17 - - 10 - - 1 7
大腸癌 - - 14 12 - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、消化器内科・外科による内視鏡検査診断、手術、化学療法を行うため、
消化器系の癌に多く対応しています。
ノバリス治療・がん温熱療法にも力を入れているため、肺癌・肝癌などにも対応しています。
厚生労働省が定めた集計条件により10未満の患者数は -(ハイフン)で掲載しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 13 12.08 51.31
中等症 23 15.13 83.96
重症 97 21.19 80.29
超重症 - - -
不明 - - -
肺炎の重症度分類
・年齢      :男性70歳以上、女性75歳以上
・脱水      :BUN21mg/dL以上または脱水あり
・呼吸      :SpO2<=90%(PaO2 60Torr 以下)
・意識障害   :意識障害あり
・収縮期血圧  :収縮期血圧90mmHg以下

軽症   上記5つのいずれも満たさない
中等症  上記1つまたは2つを有する
重症   上記3つを有する
超重症  上記4つまたは5つを有する。又はショック

中等度が一番多く、重症以上の患者様の平均年齢は80歳を超えています。
内訳としては当グループの透析患者様、近隣の病診連携、訪問からの紹介です。
厚生労働省が定めた集計条件により患者数10未満は、患者数・平均在院日数・平均年齢を -(ハイフン)で掲載しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 91 34.73 76.13 34.47
その他 16 15.53 76.69 20.00
脳の虚血性疾患の患者様を対象として、発症から入院までの日数別に患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しております。
関連施設に回復期リハビリテーション病院があり、連携して治療を行っております。
I63全体の数に対し21.4%が透析患者様です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 151 0.74 3.70 7.95 74.13
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 117 0.47 2.01 1.71 71.19
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 20 0.20 1.40 - 70.05
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 13 6.23 19.08 7.69 79.15
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 13 0.08 8.38 - 68.00
糖尿病による足病変及び、透析患者様の動脈硬化による下肢病変、狭心症症例の治療を行っており、
末梢動脈疾患のカテーテル治療(EVT)、冠動脈インターベンション(PCI)の治療件数が上位を占めています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 233 0.05 1.02 - 66.42
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 45 1.33 11.71 8.89 73.73
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 25 1.44 5.08 68.00 78.28
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 21 0.33 1.14 4.76 69.62
K654 内視鏡的消化管止血術 18 1.11 7.00 - 73.50
内視鏡治療としてポリープ切除、止血術を行っています。
救急対応も行い、出血に対しては迅速に対応できる体制を取っています。
胃瘻造設に関しては、病診・病病連携先からの要望を受け、造設の可否を診断し行っています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 57 4.07 12.51 3.51 70.93
K610-3 内シャント設置術 32 9.09 21.72 18.75 69.44
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 11 4.73 13.09 - 64.73
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K608-3 内シャント血栓除去術 - - - - -
全て透析治療に必要なシャント関連の手術です。
4位5位はシャントが狭窄した場合に行う治療で、ほとんどが日帰りなのですが、患者様の状態によっては入院が必要となります。

厚生労働省が定めた集計条件により患者数10未満は -(ハイフン)で表示し、Kコード・手術名称のみ掲載しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 26 1.04 1.50 - 65.50
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 22 1.32 2.14 - 58.32
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 11 2.36 9.36 - 72.45
K7401 直腸切除・切断術(切除術) - - - - -
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
当院では、患者負担の少ない腹腔鏡下での手術を積極的に行っています。
悪性腫瘍の手術も腹腔鏡下で行い、合併症を少なくし、在院日数の短縮に努めています。

厚生労働省が定めた集計条件により患者数10未満は -(ハイフン)で表示し、Kコード・手術名称のみ掲載しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁のもの) 12 5.17 20.58 - 74.92
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 11 4.64 30.73 9.09 76.27
K5943 不整脈手術(メイズ手術) - - - - -
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) - - - - -
K5552 弁置換術(2弁のもの) - - - - -
一般患者様及び透析患者様も含め狭心症、慢性虚血心に対するバイパス手術、弁膜症に対する弁置換、弁形成の手術を行っております。
胸部大動脈瘤に対する手術も行っており病態に応じて低侵襲なステントグラフト内挿術も実施しています。

厚生労働省が定めた集計条件により患者数10未満は -(ハイフン)で表示し、Kコード・手術名称のみ掲載しています。
血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 59 0.20 1.22 - 65.53
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 21 8.05 38.86 14.29 74.29
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 10 19.50 68.60 10.00 72.80
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) - - - - -
K6145 血管移植術、バイパス移植術(下腿、足部動脈) - - - - -
下肢静脈瘤の手術、末梢動脈疾患(PAD)に対する下肢バイパス、腹部大動脈瘤に対する腹部ステントグラフト内挿術なども行っております。

厚生労働省が定めた集計条件により患者数10未満は -(ハイフン)で表示し、Kコード・手術名称のみ掲載しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 24 4.75 13.13 - 76.00
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) - - - - -
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステントを用いるもの) - - - - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭による) - - - - -
脳血管内・頸動脈治療に於いては、脳動脈瘤及び頚動脈狭窄に対するカテーテル治療を行っています。
関連施設に回復期リハビリテーション病院があり、連携し治療を行っています。手術患者の約24%が透析患者様です。

厚生労働省が定めた集計条件により患者数10未満は -(ハイフン)で表示し、Kコード・手術名称のみ掲載しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 12 0.33
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 103 2.79
異なる 12 0.33
入院の契機となった病名と同一の有無を区別して、患者数、発生率を示しております。

<播種性血管内凝固症候群>
入院前のリスクが高い場合、手術後や緊急入院後に状態が悪化したり合併症がおきる可能性が高くなります。

<敗血症>
高齢者や透析患者の多くは、免疫力が低下しており入院後感染が重症化する可能性があります。
合併症をゼロにすることは臨床上難しいですが、1人でも多くの患者を救命するために細心の注意を払って対応していきます。

<その他の真菌感染症>
入院契機と同一の症例はなく免疫力が低下した際に発症したケースと思われます。

<手術・処置等の合併症>
透析シャント狭窄・閉塞、移植人工血管感染、CAPD出口部感染、腹膜炎などの透析患者様の合併症が殆どです。
ゼロにすることは難しいですが、合併症対策を行うことにより減らせるよう努力しています。

厚生労働省が定めた集計条件により患者数10未満は、症例数・発生率ともに -(ハイフン)で掲載しています。
更新履歴