がん集学的治療 あきらめていませんか? “がん治療”

やれることはやったと・・あきらめていませんか?
まだ治療できることがあるかもしれません。

がんは克服できる病気になりつつありますが、日本ではいまだに死因第1位で 4人に 1人が、がんにより亡くなっている現実があります。そうしたなか、納得できる治療の選択ができない状態に陥る状態「がん難民」という言葉をご存知ですか。

標準治療を実施したが望む効果が得られなかった、標準治療の適応外と判断され治療ができなくなったがん患者さんが、医師から見放されてしまい、あとは緩和ケアしかありません・・と、体調も悪くなく治療意欲もあるのに治療はできないといった行き場をなくしてしまうという状態を「がん難民」と呼ばれています。

がん難民

標準治療(エビデンスに基づいた治療)→がん難民→緩和ケア
がん集学的治療外来はがん難民の患者さんへ納得できる
治療機会をサポートします

集学的治療とは?

がんの治療は、主に外科的手技によりがんを取り除く「手術療法」がんに放射線を照射してダメージを与える「放射線療法」抗がん剤などの薬剤によってダメージを与える「化学療法」が主流となっていますが、当院ではさらにピンポイントでがん細胞を温めることによりダメージを与える「温熱療法」や「高気圧酸素療法」を組み合わせることによりそれぞれの治療の増感効果を狙い、高い治療効果を目指しています。これらの治療法を2つ以上組み合わせて治療効果を高める治療を「集学的治療」と呼んでいます。

パンフレットはこちらから

がん集学的治療外来とは

標準治療(エビデンスに基づいた治療)→集学的治療(温熱療法・高気圧酸素治療を絡めた治療)→緩和ケア

当院では標準的治療に加え、温熱治療装置や増感効果を期待する高気圧酸素治療機を備えており、いくつもの病院に通うことなく一つの病院で様々な治療を組み合わせる集学的治療が可能です。
集学的治療で化学療法の副作用をコントロールしたり、放射線治療で痛みのコントロールを行い患者さんの意向にあわせて体調のコントロールをしながら標準治療と緩和ケアの間を埋めてQOLを維持しがんとの共存を目指していきます。

対象となる方

  • 進行がんや遠隔転移を伴ったがんと診断されていて治療にお悩みの方
  • ガイドラインによる標準的治療を行ったが想定した効果が得られなかった方
  • がんと上手に付き合いQOLの維持向上を目指したい方
    ※固形がんを対象としており血液がんは治療対象としておりません。

保険適応

組み合わせる治療法はすべて保険収載されている実績のある治療法です。
(自由診療扱いではございません。)

長年の実績

当院では2006年より放射線治療を開始、2015年より温熱療法(ハイパーサーミア)を開始し、がん患者さんの治療を行っています。

担当医師紹介

医療法人名古屋放射線診断財団 理事長 岩田宏
医療法人名古屋放射線診断財団 理事長
岩田 宏

1984年 名古屋市立大学 医学部卒業
1993年 名古屋共立病院 消化器外科
2001年 名古屋共立病院 副院長
2005年 医療法人名古屋放射線診断財団 理事長

受診方法

外来診察日
第2、第4 月曜日(祝祭日を除く) 
14:00~16:00
受診時に必要な書類
受診継続中の施設がございましたら
・診療情報提供書(紹介状)
・CT、MRI、PET-CTなど画像データ
・血液検査データなど ご持参いただきますとスムーズに診察が可能です。

診療情報提供書(紹介状)はお持ちいただかなくても受診することができます。
(当院は病床200床未満のため初診時特定療養費のご負担はありません。)

予約方法

診療予約センター
TEL 052-353-9100
月曜から金曜 9:00~17:00
(祝日・年末年始を除く)
(がん集学的治療外来の受診希望とお伝えください)