menu

イベント情報

PERSON偕行会の人たち

 >  偕行会の人たち  >  初めての透析でも職員と患者さまとともに成長できる

透析クリニック

初めての透析でも職員と患者さまとともに成長できる

PROFIEL

施設 豊田共立クリニック
入職年 2018年
氏名 Y・Hさん

 

福岡県の総合病院で手術室の看護師を6年間続けた後、結婚を機に愛知県へ。

今までに経験のない分野へ挑戦したいという思いと、手術室で携わってきた内シャント造設後の患者さまの継続的な看護への興味があり透析クリニックへの入職を決めた。

 

 

①経験したことのない分野への挑戦

 

(Y・Hさん)

「透析か眼科か迷っていたんです。しかし眼科は手術室で何度も見てきたので、経験したことのない透析をやってみようと思いました。それに手術室で働いていたとき、内シャント造設の患者さまを多く見てきて、その後の患者さまの継続的な看護をしたいという思いもあり、透析という自分にとって新たな分野に挑戦してみようと思いました。」

 

経験したことのない分野への挑戦。もちろん初めは不安な思いもあった。

 

(Y・Hさん)

「患者さまとうまく信頼関係が築けるか不安でした。でもいざ入職してみると優しい患者さまが多く、『ここに慣れた?』などよく声をかけてもらいました。ちょっとしたことでも『ありがとう』と言っていただき、患者さまの優しさがとても励みになっています。」

 

②先輩だけでなく患者さまにも育ててもらいながら

 

普段の主な業務は穿刺や患者さまの体調確認をはじめ、フットケアのための足観察や、合併症対策のためのスクリーニング検査の予約も行う。

 

(Y・Hさん)

「穿刺は初めのころとても緊張しましたが、数をこなすこととエコーでどんな血管か確認することでだんだんと慣れていくことができました。」

 

臨床工学技士の協力のもとでエコー下の穿刺をしたこともあったというが、多職種間での協力体制が確立されているからこそ、初めてのことが多くても安心して業務に取り組むことができたとのこと。

また、時には患者さまから学ぶこともあるのだという。

 

(Y・Hさん)

「長く透析されている患者さまは、ご自身のことをよく理解していらっしゃいます。透析で分からないことは、患者さまに教えていただくこともあるんです。患者さまのお話を傾聴するということを常に意識しています。」

 

③明るい職場環境の中で

 

 

豊田共立クリニックには手厚い教育体制が整っている。

新人看護師には約3ヶ月間プリセプターが付き、院内の教育委員会が独自で作成したチェックリストを用いて業務を習得していく。

 

(Y・Hさん)

「穿刺がうまくいかなくてもプリセプターが『大丈夫?』とすぐにサポートしてくれたり、患者さまがどのような人なのか、どのように接すると良いかなど細かいアドバイスをくれたりしたので心強かったです。

チェックリストは、いつまでにどの業務ができるようになっていたらいいのかがまとめられていて、客観的に今の自分に何ができるのか分かるので無理なく業務を覚えることができました。

 

月に1回ほど勉強会があり、新しい薬や治療について学ぶことができる。

また、Y・Hさんは前職の経験を評価されて院内の感染管理委員会に所属し、消毒の徹底確認や患者さまのワクチン接種希望の集約などを行っている。

透析クリニックは前職の経験を活かして働くことができる場だと語ってくれた。

 

(Y・Hさん)

「豊田共立クリニックは20代から50代まで幅広い年齢層の職員が活躍しており、看護師以外の職種もみんな優しいスタッフばかりです。勉強会や委員会活動も業務時間内に行われるため残業はほとんどなく、人間関係はもちろん働き方の面でもとても良い環境だと感じています。」

 

明るい職場環境のもと、今日もいきいきと透析看護師の道を歩んでいる。

一覧へもどる