偕行会城西病院HOME問い合わせ0524853777地図・交通
病院概要一般外来透析外来入院フロアガイド

病院理念・基本方針

病院理念
基本方針

病院概要

施設基準 ・機能強化加算
・療養病棟入院基本料
・療養病棟療養環境加算1
・地域包括ケア病棟入院料1
・入院時食事療養(Ⅰ)・入院時生活療養(Ⅰ)
・医療安全対策加算2
・感染防止対策加算2
・医療機器安全管理料1
・薬剤管理指導料
・病棟薬剤業務実施加算1
・入退院支援加算2
・データ提出加算
・診療録管理体制加算2
・透析液水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算
・CT撮影及びMRI撮影
(16列以上64列未満のマルチスライスCT)
(MRI(1.5テスラ以上3テスラ未満))
・運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
・別添1の「第42」の3の注5に規定する施設基準
・脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
・別添1の「第40」の3の注5に規定する施設基準
・呼吸器リハビリテーション料(Ⅱ)
・別添1の「第14の2」の1の(2)に規定する在宅療養支援病院
・在宅時医学総合管理料及び施設入居時等医学総合管理料
・在宅がん医療総合診療料
・コンタクトレンズ検査料1
・糖尿病透析予防指導管理料
・神経学的検査
・人工腎臓
・導入期加算1
・下肢末梢動脈疾患指導管理加算
・がん治療連携指導料
指定医療機関 ・指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)(腎臓)
・生活保護指定病院
・被爆者一般疾病医療機関
・結核指定医療機関

院長挨拶

在宅療養支援病院として地域医療を支えてまいります
偕行会城西病院 院長 錫村明生
 城西病院は昭和11年(1936年)8月名古屋市立大学病院の分院として設立されました。平成23年(2011年)4月より医療法人偕行会が継承し、偕行会城西病院として運営しております。 現在の入院病床数は120床で、内科、腎臓内科、人工透析内科、糖尿病内科、神経内科、整形外科、眼科、CKD外来(慢性腎臓病)、睡眠時無呼吸外来、物忘れ外来の診療を行っております。  
  「高齢者にやさしい病院」「患者さま・職員に笑顔の見られる病院」を理念として、医療療養型の病院として運営しております。
  病床のうち半分の60床を「在宅復帰強化加算を算定する病床」として、残りの60床を「地域包括ケア病棟」としており、70%以上の方々に在宅復帰していただいております。  
  当院のユニークな取り組みとして24時間往診可能な「在宅療養支援病院」であるという点があげられます。人工呼吸器を装着したままの方など重症患者さまを、2018年現在200名前後担当させていただいております。訪問診察には院内と同じ電子カルテを使用し、院内での診療と全く同等の情報が得られるほか、ご自宅での書類発行が可能です。また名古屋共立病院の電子カルテシステムとも相互閲覧できるため、万一の急変時には紹介状を持たずに共立病院に受診することが可能です。
  当院は近隣の救急病院の後方支援として、また在宅療養中の方々の緊急用の入院病床として今後も地域のみなさまのお役にたってまいりたいと念願しております。
  一方、透析用の治療装置を50台有しており、病状や年齢から通院不能となられた透析患者様の長期入院にも対応しております。とりわけ「全自動システム」とよばれる高度に浄化された透析液を使用する方法を取り入れており、合併症管理も含めて治療成績は透析医学会などを通じて公表しております。今後は高齢透析患者さまの予後の改善と生活の質(QOL)の向上にも取り組んでまいります。
  私ども偕行会城西病院は来るべく超高齢化社会への対応として、認知症に対しては物忘れ専門外来を開設し、同時に認知症カフェにおいて音楽療法や運動療法を行い認知症予防にも取り組んでおります。また、高齢者の骨折予防のため、整形外科では骨粗しょう症の検査、治療も行っています。今後とも高齢者医療の質を高め、地域医療の向上にも貢献してまいりたいと存じます。