早期発見偕行会の取り組み

がん・脳疾患・心疾患などの早期発見を可能に、PET-CTをはじめとした数々の検査機器と診断医の経験
がんの早期発見と診断、治療方針の決定において、今やPET-CT検査は不可欠です。名古屋放射線診断財団では2001年にPET、2004年にはPET-CTを導入し、PET検査では、保険診療・健診合わせて累計130,000件(2018年4月現在)を超える検査実績を重ね、地域医療のクオリティ向上に努めております。
PET-CT MRI
シーメンスヘルスケア(株) PET/CT 装置 Biograph 40 GE ヘルスケア・ジャパン(株) Signa HDxt 3.0T,1.5T
シーメンスヘルスケア(株)
PET/CT 装置 Biograph 40
GE  ヘルスケア・ジャパン(株)
Signa HDxt 3.0T,1.5T

●機器詳細については東名古屋画像診断クリニックをご覧ください。
●お電話でのお問い合わせは、TEL:052-764-1713までどうぞ。

検査機器を複合的に活用したPET-CT総合健診
名古屋放射線診断財団はPET-CTを5台有する画像診断専門の医療法人です。愛知県によるPET-CT検査を中心とした「検査診療施設」の事業公募に選ばれ、2008年に東名古屋画像診断クリニックが開院しました。東名古屋画像診断クリニックではPET-CTやMRI、CT、乳房専用PET、エコー、マンモグラフィといった検査機器を組み合わせ、がん・脳疾患・心疾患などを早期段階で発見することを可能にするPET-CT総合健診を行っております。
検査機器を複合的に活用したPET-CT総合健診
複数の専門医師による画像診断と担当制による万全のフォロー体制
撮影した画像は常勤する「読影を担当する医師」と「結果説明を担当する医師」が診断を行います。2人の医師によるダブルチェック体制をとることで、より迅速に、より正確な健診システムを構築しています。撮影画像をご覧いただきながら、当日に結果の説明を受けられることも大きな特徴です。
また、健康診断は会員制を導入し、専任の担当者が健診前から健診後までフォローさせていただきます。診断の結果、再検査や専門医での精査・治療が必要と診断された場合、当院医師と連携の上、速やかに手配できるよう、万全のフォローアップ体制を整えています。
知識・経験を持つ医療スタッフとホスピタリティ
東名古屋画像診断クリニックでは年間で約1,200件の健診実績を上げています。
健診医のほか、読影専門医、看護師、診療放射線技師、薬剤製造技師、コンシェルジュスタッフなど、すべての職種に知識と経験豊かな専門スタッフが常勤し、質の高いサービスを心掛け、健診医療の水準を高めるよう努めています。
医療法人名古屋放射線診断財団 理事長 岩田 宏
ページTOP
人工炭酸泉
偕行会グループ40周年
メディカルツーリズム-外国人向け健診サービス
偕行会グループの透析医療
偕行会グループfacebookページ
偕行会グループInstagram公式アカウント
レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド
Story-偕行会で働くプロたち