Heatmap plugin

偕行会の取り組み
生活の質の向上

-早期発見・早期治療-

早期発見

各透析施設では、定期的な検査や日々の細かな観察により、合併症の早期発見に努めています。
また、名古屋共立病院をはじめとするグループ内施設、地域の基幹病院との連携・協力体制により、
専門的な検査・治療にも対応しています。

透析施設での検査
偕行会グループの病院での検査

 

透析施設での検査

 

胸部レントゲン撮影

基礎体重を決めるために、月に1回胸部レントゲン撮影を行います。主に心臓の大きさに変化がないか、肺に水が溜まっていないかを調べます。 また、肺がんや肺炎などの胸部疾患が発症しているかどうかの検査も行います。

胸部レントゲン撮影1
胸部レントゲン撮影2
シャントエコー検査

超音波を用いてシャントに流れている血液の量・走行・狭窄の有無などを検査します。
シャントを3次元にとらえることができ、血管内部の状態やシャント機能が正常かどうかを把握することが可能となります。

シャントエコー検査1
シャントエコー検査2
血液検査

透析がうまくいっているか、生活習慣の管理と食事療法などで水分や塩分のコントロールができているかを
定期的な血液検査でチェックしています。

血液検査1
血液検査2
ABPI

足と腕の血圧の比をABPIといいます。
上肢と下肢の血圧を測り、その差を見ることで下肢動脈血管の評価を行う検査を施行してASOの早期発見に努めます。

ABPI1
ABPI2
心電図

定期的に心電図の検査を行います。波形の変化を読み取り、必要に応じて名古屋共立病院などで詳しく検査をして心疾患の早期に発見します。

心電図1
心電図2

 

偕行会グループの病院での検査

 

CTやMRI、エコーなどの検査機器を組み合わせ、一種類の検査機器では発見できないような病変も
高い精度でチェックします。
こうした最新医療設備の複合的な使用により、信頼性の高い検査を実現しています。

CT検査

X線を使って身体の断面を撮影します。
写真の精度は高く、様々な病気の発見に役立ちます。

どんな病気が判明?

脳梗塞 脳出血 肺癌
肝臓癌 など

CT検査

MRI検査

X線ではなく、大きな磁石を使って身体を撮影する検査。
検査縦、横、斜めとあらゆる方向から撮影できます。

どんな病気が判明?

脳梗塞 脳出血 骨の骨折
椎間板ヘルニア 肝臓癌 など

MRI検査

心臓カテーテル検査

カテーテルと呼ばれる細長い管を使って、心臓の動きや血管が狭くなっているかどうかを調べる検査です。

どんな病気が判明?

狭心症 心筋梗塞 心不全 不整脈
大動脈の病気 など

心臓カテーテル検査

腹部エコー検査

腹部に超音波を当てて、その反射波をコンピューターで画像処理します。 内臓や腸管の動きを観察するのに使われます。

どんな病気が判明?

胆石 肝臓癌 膵臓癌 腎結石
虫垂炎 など

腹部エコー検査

アンモニアPET検査

微量の放射線を出す薬品(アンモニア)を注射して、心臓に流れる血液 の量を測る検査です。

どんな病気が判明?

狭心症 心筋梗塞 心不全 など

アンモニアPET検査

早期治療

PAD 治療

PAD(末梢動脈疾患)は、足の動脈に硬化が起こり、血管が狭くなったり詰まったりすることで、下肢の血液の流れが悪くなる疾患です。

なかでも病状が重症化することを、重症下肢虚血と呼びます。

透析患者のPADには下記のような特徴があり、特に注意が必要です。

透析患者のPAD(末梢動脈疾患)症状

ひざ関節より先の細い動脈に病変があり、石灰化していることが多い

潰瘍・壊死・感染等、重症化した状態で発見されることが多い

重症化すると、足の動脈の手術や下肢切断をする必要がある

糖尿病を合併していると再発率が高く、下肢切断の可能性も高い

心筋梗塞や脳梗塞等を合併しやすい

PAD 治療

偕行会グループでは、PADの検査・治療に専門的に取り組んでいます。
治療件数は全国でも有数の実績があり、治療にあたる各部門のスタッフが高い専門性を有しています。
その治療方法には、薬物治療や血管内治療のほか人工炭酸泉治療や運動療法も導入しており、その治療効果を上げています。

薬物治療

高血圧、糖尿病など動脈硬化の原因となる
病気の治療 など

血管内治療

バルーン、ステントによる治療 など

外科的血行再建治療

血栓内膜摘出術、バイパス手術 など

その他

運動療法、人工炭酸泉治療 など

心臓カテーテル治療

透析患者のうち、心不全や心筋梗塞等心臓の疾患でお亡くなりになる方は約3割と非常に多くいらっしゃいます。
透析患者はより良い生活を送るため、心臓にも注意を向けることが非常に重要です。

心臓カテーテル治療1
心臓カテーテル治療2

年別死亡原因の推移(日本透析学会2015「 わが国の慢性透析療法の現況」より)

冠動脈に狭窄や閉塞が存在する場合には、狭心症の原因になる以外にも心筋梗塞を発症して命に関わることが起こる可能性がありますので、 何らかの方法で狭窄や閉塞の治療が必要です。狭窄の程度が軽い患者は薬物治療が選択されます。 カテーテル治療は局所麻酔で治療が可能なため、入院期間も短く済みます。

心臓カテーテル治療は、冠動脈の狭くなった部分を風船やステント(金属の網)を用いて拡張したり、 高速回転のカッターで削ったりして、 血流を再確保する治療方法です。 検査同様、手首、肘、又は足のつけねの血管からカテーテルを挿入して行われるため、 患者の負担を最 小限に抑えます。また、この治療は1泊2日や2泊3日の短期入院で行えるという大きなメリットがあります。

バルーン療法

バルーン療法とは、冠状動脈のつまりかけている部分をバルーンで拡張し、血流を改善する治療法を言います。
この治療法は手首、肘、又は足のつけ根からカテーテルを通して、つまりかけた 部分でバルーンを拡張します。入院日数も数日で痛みも比較的少ないため現在もっとも一般的に行われている虚血性心疾患の治療法です。

バルーン療法

ステント療法

バルーン療法を行った後も病変部がきれいに拡張できないことがあります。そのまま放っておくと再びつまる可能性が高いため病変部に冠状動脈ステントと呼ばれる金属の網を入れて補強し、再びつまるのを予防します。ステントの留置方法はバルーン療法と同じような過程で行われます。

ステント療法

ローターブレーター

病変が固く、バルーンやステント療法でも十分な治療が行えない場合には病変を削り取ります。この治療を行うには施 設基準がありますので、一定の基準を満 たさない病院では施行することができません。偕行会グループでは、各種の治療 方法を駆使し、様々な患者に対してより安全で確実な治療法を選択しています。

ローターブレーター
バスキュラーアクセス治療

バスキュラーアクセスは、血液透析を行うためになくてはならない命綱と言えるものです。バスキュラーアクセスを長持ちさせることが、 患者様QOL(生活の質)向上にもつながります。バスキュラーアク セストラブルには、症状に合わせて内科的治療、外科的治療を選択し治療にあたります。 また、経験豊富なバスキュラーアクセスの 専門医による、細やかな検査・トラブルの早期発見・治療体制が整っています。

バスキュラーアクセス治療 PTA前

PTA前

バスキュラーアクセス治療 PTA後

PTA後

偕行会の取り組み

合併症対策
早期発見
早期治療
人工炭酸泉
フットケア
運動療法
栄養指導

偕行会グループ 透析施設

偕行会セントラルクリニック
偕行会セントラルクリニック名古屋市中川区
名港共立クリニック
名港共立クリニック名古屋市港区
海部共立クリニック
海部共立クリニック愛知県弥富市
豊田共立クリニック
豊田共立クリニック愛知県豊田市
半田共立クリニック
半田共立クリニック愛知県半田市
安城共立クリニック
安城共立クリニック愛知県安城市
碧海共立クリニック
碧海共立クリニック愛知県安城市
瀬戸共立クリニック
瀬戸共立クリニック愛知県瀬戸市
くわな共立クリニック
くわな共立クリニック三重県三重郡
中津川共立クリニック
中津川共立クリニック岐阜県中津川市
駒ヶ根共立クリニック
駒ヶ根共立クリニック長野県駒ヶ根市
静岡共立クリニック
静岡共立クリニック静岡県静岡市
城北共立クリニック
城北共立クリニック静岡県静岡市
掛川共立クリニック
掛川共立クリニック静岡県掛川市
駒込共立クリニック
駒込共立クリニック東京都文京区
さいたま ほのかクリニック
さいたま ほのかクリニック埼玉県さいたま市