Open Source Sofware

看護のチカラ

透析医療の現場は
「看護をより深く考え、看護を実践し、患者様と向き合って看護の喜びを体感することができる」医療現場です。
透析治療を受けている患者様は、あなたの「看護のチカラ」を必要としています。
患者様自身がすこやかな生活を送ることができるよう、これまでの看護技術や経験を活かして、共に成長していきましょう。

これまでの経験を活かして活躍できる現場

これまでの経験を活かして活躍できる現場1
これまでの経験を活かして活躍できる現場2

透析患者様はさまざまな合併症を抱えている方も非常に多く、幅広い看護の知識が求められます。
偕行会グループの透析施設では、合併症対策に非常に力を入れておりますので、日々の透析治療をして終わり、という のではなくさまざまな疾患や合併症に対する総合的な対応力が必要な現場です。

全自動装置の導入により生まれる心のゆとりと安心感

全自動装置の導入により生まれる心のゆとりと安心感1
全自動装置の導入により生まれる心のゆとりと安心感2

透析治療は透析医療機器を使うイメージが強いですが、偕行会グループの透析施設では、全自動コンソールや電子カル テを積極的に採用しており、安全性の向上と業務の効率化が進んでいます。
それに伴い、患者様との接点が増加し良好なコミュニケーションや処置に対する時間を多く取れるようになり、さらに 心に生まれるゆとりと安心感がより良い透析医療の提供につながっています。