Open Source Sofware

スタッフインタビュー
スタッフインタビュー

Q1当院を選んだ理由は?

学生の頃から臨床工学技士の業務では、透析治療に携わりたいと考えていました。加えて、地元で就職することを希望していました。そんな中で、偕行会に安城共立クリニックと碧海共立クリニックが地元の安城市内にあることを知りました。インターネットや学校の求人情報を調べる中で、偕行会の透析医療に対する取り組みに感銘を受け、ここで働きたいと思いました。現在は、安城共立クリニックから碧海共立クリニックに異動して、同じようなタイミングで自宅の引っ越しがありました。通勤時間も短くなり、異動は運命だったと思っています。

Q2今の仕事のやりがいは?

現在、臨床工学技士の施設担当者をやらせていただいており、責任ある業務も任せてもらえるようになりました。日常の機器管理業務や患者さんの担当業務、その全てがやりがいです。持論になりますが、やりがいは後付けの言葉だと思っています。どんな仕事でも働き方次第で、自分自身が精一杯取り組んでいればやりがいは後から付いてくるものだと思っています。

Q3今後の目標を教えてください。

碧海共立クリニックの臨床工学技士で、チームとしてレベルアップしていくことが今の目標です。スタッフ個々で経験や技術に差はありますが、機器管理業務においては、そのスタッフにしかできないことを極力無くして、全員が同じ尺度で業務ができるようにしたいと考えています。そのためにはスタッフ教育が重要になります。まずは、自分自身の知識と技術を磨く必要があると思っています。偕行会は、学会発表や勉強会参加にとても積極的です。たくさんの刺激を受けることができ、自分自身のモチベーションに繋がっています。

Q4今の職場の良いところを教えてください。

非常にメリハリのある職場であるというところです。当たり前のことですが、臨床に入れば全員真剣です。お昼休憩では、全員一緒に休憩をとって談笑します。これは、碧海共立クリニックの文化だと思っています。また、職種間の垣根はほとんどありません。臨床工学技士は、看護師や看護助手から業務を教えてもらい、またその逆もあります。チームワークの良さが当院の良いところです。

Q5偕行会グループの透析施設での勤務を
検討している方へメッセージを

透析施設で働くことの一番のメリットは、ワークライフバランスがとりやすいところです。生活があっての仕事だと思います。残業もあまり無く、家庭に費やす時間も取りやすいですので、小さいお子さんがいるスタッフもいますが、安心して仕事ができています。