本態性振戦の新治療集束超音波治療(FUS)

本態性振戦の新治療
集束超音波治療(FUS)

「あきらめていませんか?」

ふるえはメスや薬を使わずに
治療できる時代になりました。

「本態性」は「原因がはっきりしていない」という意味で、「振戦(しんせん)」とは「自分の意志に反しておこるリズミカルなふるえ」という意味です。中高年に多い病気であり、65歳以上の10~20人にひとりが発症する身近な病気です。
家族歴がみられることも多く、若くして発症される方もいます。
ふるえ以外の症状はありませんが、手のふるえから字が書けなくなる、茶碗やコップなどが持てないなどの症状が特徴的です。治療に関して、軽度の場合はお薬で症状を抑えることも可能ですが、症状が重い場合やお薬での治療が困難な場合、手術による治療が行われることもあります。

本態性振戦の新治療集束超音波治療(FUS)

「ふるえが気になりますか?」

手のふるえがひどくて、字が書けない、
茶碗やコップをうまく持てないなどの症状に悩んでる人は、
思っているより多いものです。
ふるえには様々な原因がありますが、本態性振戦の場合、
大規模な手術を伴わない、集束超音波を利用した
新しい治療法が開発されました。

治療の対象となる方
本態性振戦と診断された方で、薬物療法の効果が低い方
本態性振戦と診断されていても頭蓋骨の性質や形状により、医師が適応外と判断した場合は治療ができない場合があります。
当院では、現在適応外であるパーキンソン病の治療は行っておりません。
また、臨床研究による治療も行っておりません。

治療をご検討されている方は、お気軽にお問い合わせください。

治療のお問い合わせ
名古屋共立病院  診療予約センター
治療のお問い合わせ
月曜~金曜  8:00~18:00
祝日・年末年始除く
※すぐに予約をお取りできない場合がございます。ご了承ください。
集束超音波治療(FUS)とは

この治療法は、頭部を開頭することなくMRI画像を用いて精密に治療位置を決定し、集束した超音波を使って脳内中央部にある振戦の原因となる場所に超音波のエネルギーを1点に集中させ、患部を熱凝固させる治療です。当院では手足のふるえの症状を治療するインサイテック社製の新装置「ExAblate(エクサブレート)4000」を導入しております。

集束超音波治療(FUS)とは

集束超音波治療(FUS)の特徴

集束超音波治療(FUS)の特徴

従来の外科的治療とは異なり、メスを使わずに超音波で治療を行うことができ、放射線の被ばくの心配もありません。
また、患者様の状態を観察しながらの治療が可能で、副作用などの異変があればすぐに中断することができます。
治療・入院期間が短く、身体への負担が少ないため、患者様の早い社会復帰が期待できます。
治療例
治療後ただちに、ふるえが改善し、図のように滑らかな線が書けるようになっています。
治療前
治療後
※治療結果については個人差があります  
※名古屋共立病院での症例です  
ExAblate(エクサブレート)4000とは

約1000個のトランスデューサ―から照射された超音波を脳の治療部位に虫眼鏡のように一点に集めることで治療部位を熱焼灼する治療装置です。
MRI装置と一体化することで、治療中にも適宜撮像したり、温度計測することで熱凝固の状況を正確に把握することが可能です。患者様の状態をリアルタイムに確認しながら、徐々に温度を上昇させ、標的部位を熱焼灼します。
わが国では、2016年12月に本態性振戦に対する治療機器として薬事の承認がなされました。

ExAblate(エクサブレート)4000

治療の流れ
01

ふるえ外来の受診予約

外来予約センター TEL.052-353-9100
受付時間 8:00~18:00
※現在かかっている主治医がいる場合は紹介状をご持参ください。
02

ふるえ外来の受診

毎週木曜日 15:00~17:00で実施
03

診察・検査・確定診断

※本態性振戦の診断が確定し、治療を望まれる場合
集束超音波治療(FUS) については健康保険適用外です。
そのため自費での治療となります。
04

FUS外来にて
治療スケジュールを決定

受診費用 10,800円(税込)
05

2泊3日の入院※入院費用を含みます。

入院治療パッケージ 2,000,000円(税込)
※治療の際、頭髪が治療の妨げとなりますので剃髪させて頂きます。
06

FUS外来にて経過観察
1週間、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月

受診費用 10,800円(税込)/1回
治療の流れ
治療のお問い合わせ
名古屋共立病院  診療予約センター
治療のお問い合わせ
月曜~金曜  8:00~18:00
祝日・年末年始除く
※すぐに予約をお取りできない場合がございます。ご了承ください。
名古屋大学脳神経外科と連携して治療を行っております。
医師紹介
名古屋共立病院 集束超音波治療センター

センター長

津川  隆彦  /  加藤  祥子

名古屋大学脳神経外科

前澤  聡  /  中坪  大輔

Page Top