menu

イベント情報

偕行会城西病院FACILITY 03

 >  偕行会城西病院

MESSAGE看護部メッセージ

看護部メッセージ

看護部理念 :

「おもてなしの心」と「看護の心」で一人ひとりを
大切にし、安全で安心な看護を提供します。

患者さまが「どうしたいのか・どうなりたいのか」を一番大切に考えて関わることができる看護師になってほしいと願っています。そして、看護師として「どんな看護がしたいか」をいつも考えてほしいですね。
看護の質にこだわり、看護を語り、できることは何にでも挑戦して患者さまの笑顔が引き出せたら最高に素晴らしいと思います。
「ゆっくりでも大丈夫。」一緒に歩んでいきませんか。

NURSING看護について

偕行会城西病院での看護

  • 「高齢者に優しい病院」をモットーに「おもてなしの心」と「看護の心」で一人ひとりを大切にし、安全で安心な看護を提供する
  • 入院から退院までを多職種と連携しながらカンファレンスを重ね、患者さまが「どうなりたいのか」を一番に考える
  • 医療と介護の架け橋として高齢者を支えることが実感できる

偕行会城西病院は、慢性期医療を担う療養型病院です。
「高齢者にやさしい病院」「患者さま・職員に笑顔が見られる病院」という病院の理念のもと、患者さまやご家族に寄り添い、多職種が協働してチームで患者さまの想いを形にしようとそれぞれの専門性を活かし日々努力しています。
療養病棟では、急性期のような慌ただしさがなく落ち着いた環境で看護技術を高められること、地域包括ケア病棟では、医療と介護の架け橋として高齢者を支えることが実感できると思います。
訪問診療では看護師が同行訪問し、施設の利用者さまと顔の見える関係を築いています。合言葉は「ゆっくりで大丈夫」患者さまもご家族も職員も幸せになれるよう、あなたのやりたい看護を見つけましょう。

  • 偕行会城西看護の特徴

  • 偕行会城西看護の特徴

  • 偕行会城西看護の特徴

PROFILE病院について

病院について

住所 〒453-0815
愛知県名古屋市中村区北畑町四丁目1番地
病床数 療養病床60 床
地域包括ケア病床60 床
看護配置 療養病棟入院基本料1(20対1)
地域包括ケア病棟入院基本料1(13対1)
診療科目 内科、腎臓内科、人工透析内科、糖尿病内科、眼科、整形外科、放射線科
職員数 209人(うち看護職員数93人)
*2018年4月1日現在
勤務体制 変則二交替制(病棟)

偕行会城西病院の特徴

超高齢化社会を支える慢性期医療

24時間往診可能な「在宅療養支援病院」として、人工呼吸器を装着したままの方など重症患者さまを訪問診察で担当しています。120床ある病床は「療養病床」と「地域包括ケア病床」に分け、患者さまの在宅復帰支援を行っています。
高齢者の特性に合わせて、慢性疾患はもとより、急性期以降の医療に対応した療養型病院として、地域のニーズ・社会のニーズにいち早くお応えできるよう努めて参ります。

部署紹介

  • 4階病棟

    4階病棟

  • 5階病棟

    5階病棟

  • 外来

    外来

  • 透析室

    透析室

EDUCATION教育制度

ナラティブ研修

ナラティブ研修

体験した看護の一場面を切り取り、それを語るナラティブ研修を年1回実施しています。自己体験を語ることで、看護のやりがいや楽しさを実感しながら、自分の看護観・めざしたい方向を探ることができます。また、他者の看護を聴くことで、学ぶ姿勢を身につけることや、自分の看護を振り返ることもできます。研修後は、発表内容を冊子にまとめ、職員に配布しているため、全職員がいつでも看護への思いを共有・共感できるようになっています。ナラティブ研修を通し、看護の役割や魅力、そしてやりがいを再認識し看護の質の向上に努めています。

接遇研修

接遇研修

マナーは繊細な精神、すなわち他人に対する心遣いであり、接遇は非常に重要です。丁寧な言葉がけや思いやりのある対応はもちろん、来院された患者さまやご家族が「ここにきて良かった」と思えるような病院をめざしています。

ケーススタディ

ケーススタディ

ケーススタディを通して、自身の看護を振りかえることで、看護技術の向上や気づきを得ることができます。また、お互いの症例について報告し合うことにより、看護師としての感性が豊かになります。

スキルアップフロー

病棟以外配属

振り返り研修ごとの目的
1ヶ月 1カ月で経験した技術や患者さま、同期、先輩看護師との関わりを振り返り自分の目指す看護について考える
6ヶ月 自己の知識・技術の習得度を把握する
1年 自己の看護観を明確にするとともに次年度の課題を明確にする
その他の研修
5月 パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)
6月 褥瘡の基礎知識
7月 BLS(一次救命処置)/緊急時対応について

REAL先輩看護師

先輩看護師の声

  • Y.Nさん

    2017年新卒採用 / S.Gさん

    CLICK VIEW MORE

    S.Gさん

    他職種を含め、スタッフ全員で患者さまを看ています。

    患者さまが安心して入院生活を過ごせるように、チーム内や他職種のスタッフと情報共有をしっかり行っています。私は地域包括ケア病棟に所属しており、早期から退院に向けた関わりをしています。2ヶ月という限られた期間の中で看護の方向性を決定し、患者さまやご家族の想いを尊重した看護が提供できるよう心掛けています。入職当初は不安もたくさんありましたが、一人ひとりの患者さまの疾患や治療、検査のことなどその都度先輩からしっかり教えてもらうことができ、安心して患者さまを受け持つことができました。困ったり、悩んだりしたときに相談しやすい先輩が多いため、とても心強いです。

  • R.Yさん

    2014年中途採用 / R.Yさん

    CLICK VIEW MORE

    R.Yさん

    患者さまと向き合う時間を持てるようになりました。

    私は透析看護を中心に、高齢者がその人らしく生活ができるような看護をしています。前職は急性期の病院で働いており、いつもピリピリとした緊張感があり、スタッフ間でも話しづらい雰囲気がありましたが、当院に入職してからは、ゆっくり患者さまとお話をする時間がとれています。看護師だけでなく多職種と協力し患者さまの方向性や改善していきたいことなどを話し合え、働きやすい環境が整っていると感じます。退院されていく患者さまから「もっとここにいたかった」「ここが一番安心できた」と言っていただけることがとても嬉しいです。制限のある入院生活の中で少しでもそう思ってもらえる看護ができるよう、これからも努めていきたいです。

看護師の一日

病棟
8:30

業務開始・夜勤者からの申し送り・ショートカンファレンス

9:00

受け持ち患者さまへの挨拶・環境整備・点滴、検温、観察

10:00

受け持ち患者さまの処置・尿量測定・IN-OUT
入院受け
オムツ交換・清潔ケア
食間薬与薬

11:00

休憩

12:30

食前薬の与薬・インスリン施行・昼食配膳・食事介助

13:00

食後薬与薬

13:00

検温・観察・記録

14:00

カンファレンス・清潔ケア・入院受け・記録

15:00

食間薬与薬・オムツ交換・記録

16:00

リーダーへ報告

16:30

夜勤者へ引継ぎ

17:00

業務終了

透析室
8:00

業務開始・回路組み立て

8:30

ショートカンファレンス・患者さま入室

9:00

治療開始・穿刺・処置・観察

10:00

フットチェック・患者さま観察・ラウンド・注射準備・機器管理

11:00

患者さま観察・機器管理・記録

12:00

休憩

13:00

観察・終了操作・止血・指示受け・記録

14:00

回路片づけ・機械洗浄・ベッドメーキング

15:00

記録・カンファレンス

16:00

翌日の準備

16:30

業務終了

DATA数字で見る偕行会城西病院

  • 数字で見る偕行会城西病院
  • 数字で見る偕行会城西病院

2018年4月1日現在

RECRUIT採用情報

求める人物像

  • ご高齢の患者さまとゆっくり関わり、話を聞くことのできる人
  • 丁寧に仕事をする人
  • 笑顔を大事にしている人

Q&A

Q.休日はどの程度取得できますか?

A.毎月勤務計画を作成する前に、休み希望を出して調整しています。
7日間の長期休暇も相談して取得できます。

Q.研修はいつ行っていますか?

A.勤務時間内は15時から、勤務時間外は17時から行っています。
職員全体研修は時間外に設定してあることが多いです。

Q.透析についての勉強会はありますか?

A.透析に関する研修・学習会は透析室を中心に多く実施しています。

Q.現在子育て中なのですが、そういった方は働いていますか?

A.院内保育所を完備しているので、病棟で日勤だけの勤務をしている方もいます。
子どもが大きくなってから、病棟で夜勤をされる方もいます。

Q.病院内で何か特徴的な取り組みなどはありますか?

A.毎月プロによるピアノ演奏会や市民公開講座などを開催しています。また、お正月・ひな祭り・端午の節句・七夕・クリスマスには職員が工夫していろいろな催しを行っています。その他、職員向けに病院全体での手作りの食事会(年4~5回)や、新規採用者を対象に「ミントの会」という看護部主催の食事会などを行っています。

募集概要はこちら