偕行会城西病院HOME問い合わせ0524853777地図・交通
病院概要一般外来透析外来入院フロアガイド

透析外来

偕行会グループは全国で約 3000 名の透析患者様の治療実績を活かして、最新の透析医療機器(全自動コンソール等)を投入、体に優しく合併症の進行しにくい透析医療を提供します。 従来は在宅での通院が難しかった血液透析の患者様に自宅復帰可能なプログラムを提案します。 また腹膜透析につきましてはご相談ください。入院が必要な方や、通院困難な方には入院での透析も提供させて頂きます。 透析ベット数は 50 床とし、透析支援システムと電子カルテを連携させ、業務効率を向上させております。


合併症の予防から治療まで高い専門性で総合的にサポートいたします

透析を受けている方は、一般の方に比べて全身の動脈硬化や免疫力の低下など、病気になるリスクを数多く持っています。
当院では、患者様の透析合併症を早く発見し、早く治療するために、トップレベルの合併症対策の実績を持つ名古屋共立病院と協力して定期的に様々な検査や治療を行っています。また、フットケアや炭酸泉浴などきめ細かなケアも行います。


定期的な検査と観察

名古屋共立病院や、地域の医療機関との連携で行われる各種検査と、日々の細かい観察で透析の合併症を早く発見します。

高度に清浄化された透析液

高度に清浄化された透析液(ウルトラピュア)を用いることで体の中に不純物が入る可能性がとても低くなります。透析による副作用を減らし、アミロイドーシスの予防をめざします。

送迎サービス

無料の送迎サービスがあります。車いす、ストレッチャーの方はご相談ください。

偕行会グループの透析医療

総合力で支える高レベルな合併症対策

偕行会グループの透析施設は全国に20施設あり、透析患者様は約3000名いらっしゃいます。
合併症の予防・早期治療に早くから力を入れ、偕行会グループの患者様は全国平均に比べ、5年間に亡くなられる方の割合が2割近く低いというデータがでています。

偕行会グループの合併症対策について

定期的な検査で「合併症の早期発見を」
進行予防のために「きめ細やかなケアを」
手術・治療は「早期に、しかも低侵襲的に(身体へのダメージを少なく)」
情報発信で「患者様とご家族の合併症への理解と安心を」

偕行会グループ透析事業本部HP>>